武蔵野紀行19



                            菩提樹を撮って、ぼちぼち歩いて行くと銀杏並木に出た
                            今は緑の銀杏だが秋になれば黄葉になって並木道に黄葉の絨毯が出来るんだろうな






d0185744_19474620.jpg



d0185744_19485665.jpg

                       そしてヒマラヤスギが立つ広場に出た

 


d0185744_19511929.jpg


d0185744_19530612.jpg
      
                        どのくらいの樹齢なんだろう
                        それにしてもユニークな樹形である





                                   お終い

by yaguchitenga | 2017-07-05 05:42 | 写真 | Comments(4)
Commented by j-garden-hirasato at 2017-07-05 06:39
最後のヒマラヤ杉は、
オモシロい樹形ですね。
でも、
これが本来の姿かもしれませんけど。
Commented by risaya-827b at 2017-07-05 16:02
こんにちは^^
青々とした銀杏の大きさが凄い☆彡
秋にはまた違った姿が見られ、楽しみですね♪
3枚目、4枚目の機の姿、、、
何をどうやったら、このような樹形になるのでしょうね?
しかし、自然って不可思議で面白いです^^
Commented by yaguchitenga at 2017-07-06 08:41
j-garden-hirasatoさん
荒野に立つサボテンのような形をしていて
面白いですよね。今、コメントを書いてる最中に気づきました

Commented by yaguchitenga at 2017-07-06 08:51
risayaさん
ほんと、大きい銀杏の木でした
曇っていなければ夕暮の光に輝いて、もっと綺麗になったでしょうね
秋かァ,秋も見事なんだろうね
コメントを書きながら思ったんですが
ヒマラヤスギの樹形は荒野に立つサボテンに似ている。と、思いました
多分ですが、ヒマラヤスギよりサボテンになりたかったのかも^^

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 東京の川 武蔵野紀行18 >>