中山法華経寺の森1



                          宝殿門を抜けると森が広がって、さっきまで暑くて舌を出していたのに
                          森を通り抜ける風が気持ち良く生き返った心持ちになった





d0185744_19412994.jpg


d0185744_19442127.jpg
                       宝殿門の方を振り返って撮った





d0185744_19463657.jpg
                       
                       森の光が僕を呼ぶ



d0185744_19480010.jpg
                       光に導かれるままに歩く 歩く



d0185744_19495863.jpg



d0185744_19505612.jpg
   


d0185744_19515026.jpg


                                樹木達のお出迎え



                                     続く

by yaguchitenga | 2017-08-05 06:35 | 写真 | Comments(6)
Commented by j-garden-hirasato at 2017-08-05 08:03
ここは大きなお寺なんですね。
建物も立派だし、
敷地もかなり広そうです。
境内の樹木が巨木なのも納得です。
Commented by yaguchitenga at 2017-08-05 11:32
j-garden-hirasatoさん
法華経寺は日蓮の聖地なので敷地や寺が大きいんでしょうね
見落とした所が1件あって、参道を出て気づいて
戻ったんですがあまりの暑さに諦めて帰りました
境内の樹木も立派な巨木ばかりで威厳があり、見ごたえがありました
Commented by tomiete3 at 2017-08-05 13:10
歴史に残るお寺さんでしょうね。徐木画時のたつのを物語っていますね。

維持も大変でしょう。
Commented by sternenlied2 at 2017-08-05 17:04
初めまして。

j-gardenさんのところから訪れました。
瑞々しい緑が美しいですね!
「森の光が僕を呼ぶ、光に導かれるままに歩く 歩く」
という言葉に共感いたします^^

前の前の記事の寄り添っている草に
微笑みかけているお寺の庭石もいいですね。
昨日庭園の菩提樹の並木道を歩きななら、
樹木に光と影で描かれる「顔」の写真を
たくさん撮ってきたところです。
中には微笑んでる顔もありましたよ。

プロフィールで拝見しましたが、
インドに行かれたことがあるのですね。
私も80年代に2度インドに行ったことがあります。
ヴェナーレスには行きませんでしたが、
インド人のヨガの恩師に同行してカルカッタから
プリーにかけて旅をしたことがありました。
カルカッタは今ではコルカタという名前に変わってますけどね。
Commented by yaguchitenga at 2017-08-05 18:39
tomiete3さん
日蓮の没後に造られた日蓮宗の聖地と云って良いかもしれません
山門をくぐって森に入ると立派な樹木ばかりと出会いました
こんな立派な森が維持されているんは庭師さんの腕でしょうね
Commented by yaguchitenga at 2017-08-05 19:12
sternenlied2さん
初めまして、当ブログにお越し下さりありがとうございます
僕の写真につけたキャプションをお褒め下さりありがとうございます
長文にすると文章の下手さがわかるので簡素に書きました
言葉はブログに記事にする時に考えてます
それと前記事までご覧いただき恐縮しました
庭石の微笑む姿に、ほんのりしました。自然はアートですね

インドに2回行かれましたか
僕も80年代に写真を撮りにバックパッカーで貧乏旅行して来ました
1度目は3か月で北インドのガンジス河に沿って旅をして
カシミールのシュリナーガルを経由してラダックまで行き
チベット仏教の遺跡を見てからデリーに入り
タージマハルを見てバラナシに入りました
此処の街で旅を終えデリーからパキスタンを経由して帰国しました
2度目は東インドのコルカタからプリーに入りました(当時はカルカッタ)半年の旅でしたは
カルカッタは何処のホテルに泊まられたんですか?
僕はチヨウロンギー通りの貞るストリートのバックパッカーには有名な安宿の
ホテルパラゴンに泊まりました
3度目の時は同じ宿に泊まり当時の面影もなく残念な宿になってました
プリーにも行かれたんですね。この町で食べたロブスターが美味しく
日本より安く食べる事が出来ました。それと祭りを見る目的もあって滞在しました
ラタヤットラと云うお祭りで京都の祇園祭のルーツになってるんですよ
迫力がある山鉾巡行でした
そしてプリーからデリーに行きバラナシに入りガンガーの源である
ガンゴトリーへ行き氷河から流れ落ちる源を見て
再びデリーに入り砂漠の街へ行きキャメルサファリのツアーに参加しました
3度目は30数年ぶりに行き北ンドのデリーから南インドを旅してきました
30年振りのインドは結構変わりIT効果で潤ってました
でも、それは上の人間だけで庶民は貧乏な生活をしてました
2012年の10月から12月までインドの写真をアップしていますので
お時間があればご覧ください
今後も、よろしくお願いします。こちらも後程伺わせて頂きますね
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 中山法華経寺の森2 中山法華経寺の風景 >>