武蔵野紀行3




                               2の天井絵の部屋に飾ってあったのか忘れてしまったけれど
                               懐かしい人形と再会した
                               ホウキを持った老夫婦の人形だ
                               母親の実家の居間か客間にガラスケースに入れて飾ってあって夏休みや春休みに
                               遊びに行った時によく見ていた夫婦人形だった
                               すでに亡くなってしまったが祖父母も、この人形のように仲が良かったのを覚えている
                               イベント会場で再会したのが不思議であの世で僕の事を見守っているのかな




 
d0185744_18233039.jpg
                             


d0185744_18243778.jpg

                        百段階段に飾ってあった、童のこけし人形
                        こけしは昔よく目にしていたものだが久々に見たようだ
                        一体づつ表情があって可愛かった
                        いっぱい飾ってあって全部撮る訳にいかないので何体か撮っての紹介になります



d0185744_18290998.jpg

 
d0185744_18305413.jpg



   
d0185744_18300244.jpg
                          

                         今回は人形シリーズでした


                          次回は、どんな光景が見られるのだろう  

by yaguchitenga | 2017-08-24 05:12 | 写真 | Comments(6)
Commented by tomiete3 at 2017-08-24 05:51
おはようございます。
 テーマを持って書かれるブログ記事に、 興味がわきますねえ。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-08-24 06:43
こけしの寝姿、
初めて見ました。
何か、生きているみたいですね。
Commented by yaguchitenga at 2017-08-24 17:03
tomiete3さん
一部屋、一部屋、違う飾りつけがあって写欲が
モリモリ湧きましたね
階段角のこけし人形が可愛かったです
Commented by yaguchitenga at 2017-08-24 17:06
j-garden-hirasatoさん
こけしの寝息が聞こえて来そうでした

<何か、生きているみたいですね>
作成者の魂がこもっているんでしょうね
Commented by sternenlied2 at 2017-08-24 18:13
一部屋、一部屋と上りながら進んで行くあたりはブルース・リーの「死亡遊戯」を思い出しますね(笑)
こちらの方はヌンチャクを振り上げて戦うのではなくて楽しいものばかりですが。
高砂ですねえ。子どもの頃、デパートのショーウィンドーなどで見かけて印象的に思ってました。
こんな風な温厚で仲の良いおじいさんやおばあさんがいらっしゃったなんていいですね。
私には母方の祖母がいましたが、祖父はいなかったのですよ。おじいさんに憧れましたね。

階段にこけしが並んでいるなんて。
こけしのことをすっかり忘れていました。
布団に寝かせてるのが可愛らしいですね。
特に最初の、ラヴェンダー色の布団に寝かされてるのがラブリーです♪
Commented by yaguchitenga at 2017-08-24 19:05
sternenliedさん
「死亡遊戯」でしたっけ、見た事があるような、ないような
僕の記憶に残っているブルースリーの映画は
「燃えよドラゴン」と「ドラゴンへの道」「ドラゴン危機一髪」だったかな
ヌンチャクは高校の同級生の間で流行りましたね
あれ背中に回したりとかするので痛そうですよね
僕は運動音痴なんで、やらなかったです
トップの人形は高砂人形と言うんですね。ありがとうございます
全然知りませんでした
祖母は僕が幼少の頃、血圧で倒れて以来、朝起きたら
居間で1日中過ごしお風呂は祖父と一緒に入ってました
朝ごはんも、僕らが食べ終わってから二人仲良く大好物の牛乳かけごはんを食べてました
こけしなんて見るのは久しぶりで日本の粋を感じさせてくれました
布団に寝かされていましたが、童のこけし人形たちは、どう感じてたんでしょうね
きっと、騒々しい人間たちだな。と。思ってたかも( ´艸`)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 武蔵野紀行4 武蔵野紀行2 >>