武蔵野紀行17



                                  晄の世界から現実へと引き戻されたが、まだ余韻から覚めず
                                  ロビーの外に小さい庭園があったので色と晄の酔いを醒まそうと外に出た




d0185744_19351876.jpg



           
d0185744_19363908.jpg

                       ポツリ、ポツリと咲いていた花、    何とかセージって名前なんだけど

                       その、何とかが分からない 




  
d0185744_19405596.jpg
                       
                       水がちょろちょろと岩を伝っていた

                        岩にしみいる蝉の声 鳴いてなかったけど、ふと思い出した


                           以上終わり、、、だけど、、次に向かいます             
                                 

by yaguchitenga | 2017-09-09 05:29 | 写真 | Comments(10)
Commented by j-garden-hirasato at 2017-09-09 05:51
和の空間でしたね。
現代においては、
それが異空間であったりします。
たまにはイイものですね。
Commented by tomiete3 at 2017-09-09 05:53
おはようございます。
岩にしみいる・・・何とかではないですが・・濡れた岩肌・・
 心ひかれたのですね。
Commented by 雪だるま at 2017-09-09 06:04 x
日本庭園の美は
室内の空間との調和にあります
家屋内から視線を外に向けても
内の自然と外の自然の差しかない
Commented by sternenlied2 at 2017-09-09 13:50
あら、シンクロしてます。
ここを覗く直前に他のブログでセージの写真を見たところでした。
そこではアメジストセージでしたが、ここにアップされてるのは
サルビア・グァラニティカとも呼ばれるメドーセージのようですよ。
Commented by yaguchitenga at 2017-09-09 17:58
j-garden-hirasatoさん
日本の様式美に光を当てたイベントでした
自然空間とは違う和の世界を体験した事は貴重でした
涼しいし昔、親戚の家で見た人形のと再会できたし
今夏の思い出になりました
Commented by yaguchitenga at 2017-09-09 17:59
tomiete3さん
濡れた岩肌が妙にエロティシズムを感じてしまいました
Commented by yaguchitenga at 2017-09-09 18:01
雪だるまさん
自然風景とは違う日本の様式美を堪能しました
しかし、鋭いお言葉ですね
Commented by yaguchitenga at 2017-09-09 18:07
sternenliedさん
前に撮ったことがあって何の花か分からずにいたら
ブロガーさんに教えて頂いたんですが、それっきりで会いもなく
この花を久々に見た時「何とかセージなんだけど、なんだったかな」と
思いだせずにいたんですよ。メドセージでしたか
有難うございます
Commented by yuta at 2017-09-10 11:49 x
こんにちは
和の空間はやはり落ち着きますね。
先日目黒に行ったのですが、
こちらまで足が向きませんでした。
Commented by yaguchitenga at 2017-09-10 17:08
yutasさん
今回は日本に生まれて良かったな的な感じを受けました
良いイベントでした
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 武蔵野紀行18 武蔵野紀行16 >>