武蔵野紀行18




                                             雅叙園を出ると天気が悪く、おまけに蒸し暑さを感じ
                                             汗がじわじわと出て来た。今まで涼しい所にいたので
                                             余計に暑さを感じるのかも知れない
                                             天気が悪いのでカラーからモノクロにして
                                             雅叙園から少し下った所に立つシイの古木を撮りに行く
                                             シイは江戸時代から立っていて日本に起こった数々の厄災を免れて
                                             現在に至っている。江戸時代の浮世絵に描かれていて人気があったようだ
 


d0185744_18310574.jpg



                                            シイの古木を撮って雅叙園の入り口付近から伸びている行人坂へ行く
                                            坂の上り口付近に蓋がしてあり現在は使用されていない井戸があった
                                            その井戸には江戸時代から語り継がれる悲恋話があった
                                            井戸はお七の井戸の井戸と呼ばれていた
                                            江戸時代の頃、八百屋の娘のお七は寺小姓の吉三に一目惚れして
                                            自宅に放火して市中は大火事になり、その罪で鈴ヶ森で
                                            死刑になり、吉三は後に名を西運と改め僧侶になった
                                            西運はお七の霊を弔う為、目黒不動と浅草観音の十里の道を
                                            念仏を唱え歩く行をした
                                            行に行く前に井戸で身を清めて出掛けたそうで
                                            以後、井戸はお七の井戸と呼ばれるようになったと伝承されている





d0185744_18513441.jpg

         行人坂を上る。坂は目黒駅に繋がり坂を下ると雅叙園になる



d0185744_18593323.jpg

行人坂には大円寺があり、その寺にも行く事が目的だった


d0185744_19013725.jpg

坂伝いにある大円寺の祠と山門。此処で、ある物と再会した

それは、次回へ続く




   









   

 



  






   


 

                                            
                              

by yaguchitenga | 2017-09-10 19:01 | 写真 | Comments(8)
Commented by sternenlied2 at 2017-09-11 02:21
最初の大樹の写真、樹冠がうねってるようで迫力がありますね。
下界を包み込んでいるようです。時を経て数々の厄災を免れてきているのですね。
我が町のフォン・アルテン・ガルテンという庭園にヨーロッパブナの古木が立っているのですが、
この木も、直ぐ側の屋敷は空襲で破壊されたのに、生き残っています。

八百屋のお七の井戸があるのですね。
私は神戸出身なのですが、神戸からさほど遠くない姫路城の播州皿屋敷のお菊井戸が身近ですね(笑)
Commented by 雪だるま at 2017-09-11 06:01 x
東京は坂の街なんですね
こちらの坂も驚くほど急勾配
雪だるまが良く歩く関西の街は
東京と比べると意外と平坦です
Commented by j-garden-hirasato at 2017-09-11 06:43
東京は坂の街ですねえ。
ウルサイ蝉の声が聞こえてきそうです。
Commented by risaya-827b at 2017-09-11 10:02
おはようございます^^
へぇー? お七の井戸があるのですか?
駅から雅叙園のバスで往復しちゃったので
気がつかなかった。。。
やっぱり、歩くといろんな出会いがあって良いものですねー♪
また、行く予定があるので歩いてみようかな?
Commented by yaguchitenga at 2017-09-11 19:15
sternenliedさん
超広角で撮っているので多少の誇張がありますが
それでも立派な樹形をしていました
空襲で焼けた樹木を何本か見ていますが
その後復活して健在な姿を見せていました
所々に焼けた跡が残り戦争の悲惨さを訴えているようでした
お七の井戸は初見でした。それと両国のお寺に鼠小僧の墓がありましたね
電車ですぐなので見に行った事があります。でも本命は神木の大イチョウでしたけど
お菊井戸が姫路城にあるんですか。へえ、びっくりです
新作落語のお菊井戸の話を聞いた事があって、かなり笑っちゃいました
日本では夏になると怪談話をよくやるんですが、ドイツはどうなんでしょ

Commented by yaguchitenga at 2017-09-11 19:20
雪だるまさん
3度目のインドから帰国して東京をよく撮るようになったんですが
こんなに坂が多いとは知りませんでした。自然も沢山ですしね
昔は東京の多摩とか埼玉方面に撮りに行ってましたが
東京も馬鹿に出来ないと思いました
坂が多いのは武蔵野特有の地形だからだそうです
Commented by yaguchitenga at 2017-09-11 19:23
j-garden-hirasatoさん
ですよね。本郷なんか物凄い谷間もあるんで
初めて見た時は、びっくりでした
恐るべし東京風景です
Commented by yaguchitenga at 2017-09-11 19:29
risayaさん
そうなんですよ。僕も初めて知りました
駅から雅叙園の送迎バスですかね。品川発のバスでしたっけ
雅叙園の付近は坂が沢山でいい見どころもありますよ
今度来た時は歩きが面白いですよ
写真は歩いてなんぼの世界ですし健康にも良いですよ
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 武蔵野紀行19 武蔵野紀行17 >>