武蔵野紀行22



                                     水生植物園の周辺を歩いた
                                     湿地帯に広がる森の緑が生き生きとしていた



d0185744_07150558.jpg


d0185744_07154094.jpg

d0185744_07161776.jpg

                                     
  
d0185744_07184002.jpg
                                
                                    

by yaguchitenga | 2017-09-16 07:19 | 写真 | Comments(8)
Commented by sternenlied2 at 2017-09-16 13:56
緑が生き生きとしている感じ、ううん、分かりますよ、この感じ。
植物園の中に似たような一画があって、そこを通る時に緑の生命力に魅了されます。
Commented by yaguchitenga at 2017-09-16 18:44
sternenliedさん
森はフイトンチッドと云われる効果で
人にも植物にも潤いを与えてくれています
植物園の中に似たような一画
わかりますね。鎮守の森に入るとヒンヤリする時がありますが
多分、イトンチッド効果でしょうね
Commented by villanesco at 2017-09-16 23:47
森の苔やキノコやシダなど、長野で満喫してきましたが、
湿地の森は神秘的で幻想的で素晴らしいですね。
樹の幹も様々で、見入ってしまいます。
↓↓大好きなお花も沢山あって、名前にも詳しくて、凄いです。
センニンソウとガマのあいだの黄色いお花、キンミズヒキによく似ています。
ヤブミョウガ、3年ほど前までよく見かけましたが、最近は全く見かけなくなりました。
小さくて可愛くて控えめで、とっても好きなお花なので、嬉しくなりました。♪
Commented by yuta at 2017-09-17 05:05 x
こんばんは
緑が濃いですね。
癒されるのはフイトンチッド効果ですか。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-09-17 05:18
こういう根固めの緑も、
新鮮でキレイですね。
普段はあまり意識していませんけど。
Commented by yaguchitenga at 2017-09-17 07:10
villanescoさん
湿地の森は気持ちが良いですね
木漏れ日も中々のもんでしたし幹のしわも樹齢を重ねているようで
渋く思いました
キンミズヒキですか、タグがなかったので分かりませんでした。検索したらヒットしました
じゃ、赤い花をつけるミズヒキと同じ種類なんですかね。ありがとうございます
Commented by yaguchitenga at 2017-09-17 07:14
yutaさん
濃い緑に射す木漏れ日が神秘的でした
フイトンチッドは殺菌作用もあるそうですよ
疲れた心の殺菌で体が元気になって、また頑張ろうと思いますよね
Commented by yaguchitenga at 2017-09-17 07:18
j-garden-hirasatoさん
この時期にシダや草の緑が綺麗なのには
驚きました。湿地が植物を潤しているんでしょうね
それと陽だまりが気持ち良かったです
緑と光の世界を満喫しました
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 武蔵野紀行23 武蔵野紀行21 >>