武蔵野紀行41

2番目の物件はカヤバ珈琲から道路を隔てた所にある旧吉田屋酒店だ
明治43年に建てられ昭和61年まで営業していたのを
上野桜木町に移築して江戸商家の建築様式を現在に伝えている
上野公園の不忍池湖畔にある下町風俗資料館の敷設展示場である
玉林寺から数珠繋ぎのように撮影スポットが出現するとは想定外だったのと
上野桜木町に訪れたのは初めてだった

まずは旧吉田屋酒店の外観から



d0185744_17262944.jpg




d0185744_17271900.jpg




d0185744_17283905.jpg




d0185744_17291575.jpg





d0185744_17295978.jpg




d0185744_17304192.jpg




d0185744_17314856.jpg




d0185744_17324865.jpg



こんな風な木の香りがする酒屋って好きだな
そう云えば昔、大阪から九州の実家に戻った時に
近所の酒屋に近所の人から誘われて何回か酒屋の角打ちで飲んだ事や
後、成人式の帰りにも仲間と飲んだ思い出がある
角打ちとは酒屋さんで立ち飲みが出来る場所であり
居酒屋みたいなサービスは無いが、カウンター越しにおばちゃんがいて
注文したビールや日本酒をくれるのだ
近所と言う事も手伝ってか(もう鼻の先である)ビールに始まって日本酒まで飲んで
ぐでんぐでんになって帰って来て母親から呆れられてしまったっけ
「煙草を買いに行くのに1時間以上もかかると?」と聞かれて
「あそこの酒屋で飲んどった」
「ご飯は」
「あっ、食べたか」
ご飯食べて2階に行って風呂も入らず寝てしまいました


続く


by yaguchitenga | 2017-10-08 05:05 | 写真 | Comments(6)
Commented by tomiete3 at 2017-10-08 09:36
おはようございます。
  酒蔵・・作りがしっかりしているので、年数がたってもびくともしないですね。
思い出の角打ち・・おいしかったでしょう
Commented by yuta at 2017-10-08 11:16 x
こんにちは
上野桜木はふ古き良き下町、昭和を感じられる場所ですね。
わたしも何回か足を運んで気に入ってます。
また行きたい場所でもあります。
Commented by sternenlied2 at 2017-10-08 15:23
酒屋って懐かしいですね。
子供の頃近所にもこんな風な木造の家が幾つかありましたっけ。
あの家はまだ残ってるかしら。
近くに灘の酒蔵もたくさんありましたよ。
実は、うちの父方の先祖は灘で代々造り酒屋をしてました。
祖父の頃に落ちぶれて止めていたようですが。
Commented by yaguchitenga at 2017-10-08 16:57
tomiete3さん
柱がしっかりしているのが日本民家の特徴だろうと思います
角打ちで飲む酒は不思議に美味しいです
何ででしょうね
Commented by yaguchitenga at 2017-10-08 17:01
yutaさん
上野公園しか知りませんでした。結構、上野は広い街なんですね
Commented by yaguchitenga at 2017-10-08 17:09
sternenlied2さん
僕の住んでたとこは農家が多かったので
茅葺き民家や木造建築が沢山ありましたし
母親の実家が茅葺きで土間が広くて夏は涼しかったです
灘のお酒は有名ですよね。僕は剣菱しか知りませんけどね
そうなんですか、造り酒屋をね、
灘はお酒が美味いと聞いてますが、やっぱり六甲山の水を使ってるんですかね
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 武蔵野紀行42 武蔵野紀行40 >>