武蔵野紀行51



古木を検索していたらニューオータニ東京の古木に辿り着いた
更にニューオータニを検索したら江戸時代より続く名所だった事が分かった
この庭園の歴史は400年と古く加藤清正の下屋敷があり
その後井伊家に引き継がれ幕末まで中屋敷として使用された
幕府が倒れた後皇族の伏見宮家の所有となり樹木に包まれた庭園となり、世界大戦を経て
伏見宮家からニューオータニの創始者に渡り邸宅となった
やがて戦後の東京オリンピックの為にホテルニューオータニを建設し
江戸時代から続く庭園を整備して現在に至っている
庭園は珍しいモノを所有していて10月上旬の日曜日に行って来た


四谷で下車して案内板通りに行くと高級ホテルと名高いニューオータニが立っていた
普段高級ホテルには縁が無いので、少し不安になったが
まあ、無料で日本庭園を見る事が出来るし館内に入らなければ良いので大丈夫だと思った
庭園に通じる道へ進むと神社の森や由緒ある庭園に行くとヒンヤリと感じるのだが此処もそうだった



d0185744_18505041.jpg




d0185744_18513170.jpg



最初感じたヒンヤリは何処えやら何時の間にか暑くなって来た
もう10月だぜ



d0185744_18541164.jpg



日本庭園に向かう途中に立派な庭石があり看板には、なだ万山茶花荘と書いてあった
初めて聞く名前で懐石料理屋だそうである
高いのだろうと思いながら風情あるなだ万の風景を撮る事にした



d0185744_18584408.jpg








d0185744_18595687.jpg




d0185744_19011703.jpg




d0185744_19021753.jpg




d0185744_19030389.jpg




d0185744_19034339.jpg



なだ万は天保元年の創業で庭石や竹垣に歴史的風格が漂っていた



続く


by yaguchitenga | 2017-10-26 05:20 | 写真 | Comments(8)
Commented by tomiete3 at 2017-10-26 06:11
巨石・・・
  火山によってできた石みたいですね。・・
 竹の囲い・・懐かしく拝見です。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-10-26 06:42
以前、ココには行ったことがありますが、
披露宴をやっていると、
お庭を見ていても、
何か恥ずかしいんですよね。
Commented by sternenlied2 at 2017-10-26 14:42
私も歩くのが好きで、あちらこちらよく散策に行くのですが、
yaguchitengaさんもよく歩いてらっしゃるようですね(^^)
もう東京は隅々までよくご存知なんでしょうね。
東京には散策するのに素敵な場所がたくさんあるでしょうね。
Commented by yaguchitenga at 2017-10-26 18:25
tomiete3さん
火山の石とは違うようですね
各県の高価な庭石のようですよ
特に佐渡島の石がメインになって所々に配置されてました
竹垣はこういった場所に似合いますし風情がありますね
Commented by yaguchitenga at 2017-10-26 18:29
j-garden-hirasatoさん
此処に行かれた事があるんですね
僕も高級ホテルは場違いかなと思ってましたが
素晴らしい庭園で、そんな事は忘れて写真を撮りました
結婚式の前撮りを何組か行ってましたね
暑いのに大変だと思いましたし撮影に邪魔にならないように行動してました
Commented by yaguchitenga at 2017-10-26 18:46
sternenlied2さん
写真家の浅井慎平さんの著書に「写真はスポーツだ」というのがあり
僕も購入して読みました。なるほどと同感しました
写真学校でもスナップ授業の時、結構歩かされましたね
風景写真でもスナップでも基本は歩かないとです
3度目のインドから帰国して東京をよく見るようになりましたね
昔は東京郊外にしか自然が無いと思ってましたが
都内に自然が沢山あるなんて知りませんでした、3度目のインドで視点が変わったんだと思います
これもフイルムからデジタルにしたおかげです。フイルム本数を考えて撮る事が無くなりましたからね
東京の空も綺麗になり川も段々と綺麗になってきました。行政の取り組みのおかげですね
上京した時アパート近くの荒川に行くと悪臭が漂っていましたもん
なんで、こんなに汚いんだろうとガンジスと比較しながら荒川のゴミばかり何年間か撮ってましたね
Commented by a-ki_la at 2017-10-27 19:21
あら、素敵ですね。
紀尾井町、ワタシも縁のない街です。
品のある竹垣や石畳の感じ、神楽坂にも料亭の並ぶ石畳があったなぁと
ふと思い出しました。
Commented by yaguchitenga at 2017-10-27 19:34
a-ki_laさん
高級ホテルに江戸の名残りが漂っていたなんて
露とも知りませんでした
竹垣や石畳の趣がリラクゼーションと云うのか
ずっと入り浸っていたいと思いました
神楽坂の石畳も良いですが、こっちの方が素晴らしいと思いました
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 武蔵野紀行52 東京の空5 >>