武蔵野紀行68




d0185744_19234292.jpg



水車小屋があるカフエ。お昼時だったので
外に会ったメニューを見たら殆どが肉のメニューだった
そういえば3日ぐらい夕食は肉だったので今回はスルーした
ちょっと中を覗いてみたら気持ち良さそうな土間があったのだが
此処で又、料理を食べたら4日目に突入するので、やめにした
その後、食堂らしきものが見つからずに帰りに駅前でラーメン屋見つけて食べて
昼夜兼用になってしまった。この時入店すれば良かったと後悔した



d0185744_19330910.jpg



水車の後方から流れて来ているのだろう
水車は可動してなかったが綺麗な小川で沿って歩いていると
時折、ぴしゃっと水が跳ねる音がした
魚が水面に出て来たのだろうと水面を眺めても
その後水面に姿を現さなかった



d0185744_19385681.jpg



ぬかり気味の田んぼ
またまた思い出したのだが小学生の頃田んぼに入って遊びながら下校していたら
友達の一人が1mだったかそれ以下だったか忘れてしまったが
泥沼を見つけてこの沼を飛び越そうとなって
皆、クリアーして僕の番になったので飛び越そうとしたが失敗して、はまってしまったのだ
この時は、すぐ抜け出せるだろうと思っていたら
どんどん沈んで行き底なし沼状態になり友達に手を貸して貰い脱出したが
ズボンが泥だらけになってしまった
当時校区外通学でバスを利用していたのだがこれではバスに乗れないと思った
確か歩いて帰ると皆にいったが「バスの方がよかよ」と云われ
泥だらけのままバスで帰ったが、この時は滅茶滅茶恥ずかしかった
帰ったらお袋から大怒られしたのを覚えている



d0185744_19571939.jpg



懐かしい農村風景の道
そして多摩川に行く前に、又、寄り道したくなった



d0185744_20014061.jpg


石垣のある坂道を老夫婦が昇って行く



d0185744_20043879.jpg



d0185744_20070389.jpg




d0185744_20080311.jpg




d0185744_20093792.jpg



懐かしさにため息をついた午後



続く








                                  




by yaguchitenga | 2017-11-19 05:19 | 写真 | Comments(6)
Commented by tomiete3 at 2017-11-19 06:45
おはようございます。

  田んぼであそんだ頃が一番幸せだったのでしょう。・いや今が幸せかな・・
Commented by yaguchitenga at 2017-11-19 08:00
tomiete3さん
ですね。あの頃は何も考えてなかったですから
今は色々大変ですが大人にしか出来ないものもありますね
子供の頃と大人、さてさて、どっちが幸せなんでしょう
Commented by j-garden-hirasato at 2017-11-19 09:27
こういう健全な農村風景は素敵ですよね。
自分の職場の周りにも、
こういう農村風景は広がっていますが、
休耕地が多く健全ではなく、
悲しくなります。
Commented by yaguchitenga at 2017-11-19 11:08
j-garden-hirasatoさん
休耕地が多いという事は跡継ぎ問題なんでしょうね
農家を嫌がり都会に出て行く若者が多いのでしょうか
Commented by sternenlied2 at 2017-11-19 19:02
水車のあるカフェですか。
今もあるのかどうか知りませんが、
私が神戸に住んでた頃、店の前についた水車が
トレードマークのうどん屋があって、
初めて日本にやってきた夫も一緒に食べに入ったことがあるのですが、
よほど印象に残ったのか、いまだにあそこで食べた丼が美味しかったと
懐かしそうに言ってますね。
水車小屋で思い出すのは黒澤明の「夢」と言う映画に出てくるシーンですね。

通学途中で、泥沼を見つけて飛び越す! 男の子ですねえ!(笑)
Commented by yaguchitenga at 2017-11-19 19:19
sternenlied2さん
水車小屋は何故か撮りたくなるモチーフですよね
そんなに美味しかったですか、大坂に居た時
うどんとか関西の味付けは九州育ちとしては
合わないので食べた事がないんですよ
通学途中と云うより下校途中ですね
泥沼越えは確か女子が何人か混じってたかも
まだ校区外通学する前は通学途中の朝に国道を走ってる車の影を
飛び越える遊びをしながら登校してました
影をとびこえられなかったら死亡してしまう遊びでした( ´艸`)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 武蔵野紀行69 武蔵野紀行67 >>