2011年 11月 03日 ( 1 )

故郷の旅 大分県日田市

福岡に戻り亡くなった従兄のお参りをして次の日は太田県日田市へ。この土地は去年亡くなった母の故郷です写真のわらぶき家は咸宜園と呼ばれ広瀬淡窓が塾を開いたのです。咸宜の意味は「すべてのことがよろしい」という意味だそうで、どんな人でも平等に受け入れていたそうです。門下生には高野長英や日本の写真の開祖上野彦馬が学んでいました。上野彦馬は後にオランダに渡り物理、化学を学び写真を知ったようです。坂本竜馬の写真は上野彦馬の撮影だそうです。なるほど、だから芸大の写真科の入学試験は物理 科学 数学が必須だったんだと思いました。さて、この咸宜園で祖父家族が住み祖父家族が博多に行くまで祖父が、ガイドをしてました。母と弟と3人で夏休みとか春休みとか遊びに行っていた懐かしい家でもありますが、昔の面影が無くなっていました。最後に行ったのが高校最後の春休み弟は小学卒業、私は写真学校に進路が決まり、弟と二人旅でした。祖父に「写真学校に行くよ」と伝えたらメガネの奥の目を細め「よか、よか」と微笑みました。身長が170もあり鼻が高くダンデイでした。寝る前、真向法体操をしていました。真向法はこちらhttp://www.youtube.com/watch?v=xF8xOgaQlZ4です。その祖父は95で亡くなりました
d0185744_18271778.jpg
d0185744_18275517.jpg
小さい秋を見つけました。
d0185744_18293696.jpg
d0185744_18312998.jpg
この階段の4段目ぐらいからジャンプして遊んだなあ。教えてくれたのは2番目のお姉さん
d0185744_1834437.jpg
。縁側に陽だまり、夏休みの夕食は大家族になるので、ちゃぶ台出して夕食を食べたり花火をやったりしてました
d0185744_183694.jpg
d0185744_1838433.jpg
そして離れの家の階段を上ってお宝探し。この丸窓からさす光が好きでした。この光が子供の頃の宝物
d0185744_1840154.jpg
d0185744_18402156.jpg

by yaguchitenga | 2011-11-03 18:41 | 写真 | Comments(10)