2017年 05月 18日 ( 1 )

武蔵野紀行10


                        澤蔵司稲荷(たくぞうすいなり)を撮っていたら、石段を降りて詣でる神社の事を思い出した
                        東京の国立市にある谷保天満宮で、 甲州街道から石段を下って境内に入っていくという天満宮としては珍しい構造で
                        多摩川の川岸段丘に沿って造られていて両方共に武蔵野の地形が活かされている神社仏閣だ
                        谷保天満宮は崖上から境内を撮る事は出来ないが、この稲荷は上から見下ろす事が出来て
                        普段、このような谷底にある神社と出会ったりしないので不思議に感じた
                        
                        写真は澤蔵司稲荷の鎮守の森の風景です


  

d0185744_18453447.jpg


d0185744_18460995.jpg


d0185744_18473942.jpg
                      緑が光に映え、ヒンヤリした空気が、たまらない


d0185744_18500624.jpg
  

                                            続く                                             

by yaguchitenga | 2017-05-18 05:31 | 写真 | Comments(7)