2017年 08月 27日 ( 1 )

武蔵野紀行6




                            ねぶた祭りのモチーフの部屋には他にも見所があり
                            柱に施された立体的な彫刻に驚かされた
                            それに傷があるところが古さを感じる。安土風と云って良いのか江戸風なのか判断に困るが
                            絢爛豪華な彫り物である事には間違いない
                            織田信長や豊臣秀吉・徳川家康などはこの部屋で豪華三昧の暮らしをしていたんだろうな


 


d0185744_18192134.jpg
  


d0185744_18212542.jpg

                       昔話をモチーフにした彫り物だろうか、綺麗だ、としか言えないのは僕に美的感覚が無いのかな


                       天上の近くの壁に平安朝風の貴族の姿が彫られ、これも素晴らしかった



d0185744_18262842.jpg



                                 続く
                       




 

by yaguchitenga | 2017-08-27 05:10 | 写真 | Comments(10)