2017年 09月 12日 ( 1 )

武蔵野紀行19



            
                                        大円寺に入ると見事な樹木が本堂を囲んでいた
                                        此処へは500羅漢の石仏達が斜面に座していると知って
                                        雅叙園の帰りに寄る事にしていた
                                   


d0185744_18024904.jpg


 
d0185744_18035577.jpg
            


                                            魔除けの鬼瓦が八方を睨んでいた


                                           五百羅漢を撮る前に境内をウロウロしていたら
                                           あるモノを見つけた
                                           1度目のインドの旅でインド領チベットのラダックに行った折に
                                           市中を手に車を持ってクルクル回しながら歩いている姿や
                                           僧院見物に行った際に見た区大な車を何度も見た事があって
                                           それがチベット仏教の仏具であるマニ車だと知った
                                           マニ車の使用方法は車を右回り回転させた数だけ
                                           経を唱えるのと同じ効果があるとされている
                                           そのマニ車と大円寺で再会するとは思わなかった
                                           ちなみに、3度目のインドブッダガヤのマハーボデイ寺院にもあって
                                           参拝者がクルクル回していた
                      
   
d0185744_18204354.jpg

      車が止まっているのを撮っても能がないので回して撮った

何か功徳があるかな




d0185744_18301821.jpg

六地蔵



d0185744_18314541.jpg
  

d0185744_18324160.jpg

五百羅漢が出来たのは
昭和9年に大円寺が火元とされる行人坂火事が起こり
折からの強風で白金から神田 浅草まで焼き尽くされ
その後大円寺は76年間再建を許されなかった
大円寺は大火の犠牲者供養の為に石工に五百羅漢を彫って貰い
50年の歳月をかけて五百羅漢が完成したとされる



d0185744_18452822.jpg

とろけ地蔵、体の悪い部分をさすると完治するそうだ

   



d0185744_18520667.jpg
   
仲睦まじい夫婦の道祖伸


大円寺はこれにて
 


  







                                          
                                              

by yaguchitenga | 2017-09-12 05:46 | 写真 | Comments(10)