2017年 10月 15日 ( 1 )

武蔵野紀行47



下町風俗資料館の付設展示場の旧吉田屋酒店に行った1週間後に
上野公園内にある下町風俗資料館を訪れた
大正から昭和までの長屋からテレビが普及し始めた昭和の風景を見たくなったのだ
上野公園にには何度も行った事があり資料館は知っていたが素通りしてしていた
これも雅叙園の百段階段のイベントが、きっかけで
もう一度昭和の木の香りのする家を見たくなったのだ


大阪の写真学校に入学が決まった時に初めて買った写真雑誌のアサヒカメラに
篠山紀信が「家」と云うタイトルで古民家の内部の写真を発表していた
それまで篠山紀信の名前を知ってはいたがアイドル雑誌の専属カメラマンで
主に表紙写真を担当していて名前が目次に出ていたので知っていただけだったが
アイドル以外の写真を見たのも初めてだったし
バイタリテイ溢れる「家」の写真に釘付けになり,その後、彼の写真を、あらゆる媒体で見る事になった


d0185744_16462740.jpg


d0185744_17004590.jpg



復元された昭和の家の内部
僕が生まれた時、言葉が上手く喋れるようになった時にはテレビがあったが
電話は中学になってからだった
そんな小さい時の記憶で覚えているのが「小人プロレス」だった
小人がプロレスをしているのに驚き興奮しながら見ていたけど
何時の間にか放映がされなくなった
後に知った事だが差別に繋がるという理由で打ち切りなったそうだ
元々は女子プロレスの前座試合で、試合を見に行かない限り彼らを見る事が無くなった
すっかり小人プロレスの事を忘れてしまったある日にお笑い番組に
小人レスラーが出て来て飛んだり跳ねたりしていた
差別問題が根底にあるのも寂しい話で彼らは、ハンデイを乗り越えて仕事をしているのにと
この間も彼らが出ていた番組を見て改めて思った
ちなみに現在は跡継ぎが無く二人しか小人プロレスラーがいなく絶滅しかけているのだそうだ
ラジオは父親の野球を聞くための必需品で必ずテレビとラジオを付けていた
なのでうるさくて仕方がなかった。野球の季節が終わると、ほっとした
ラジオは中学生から深夜放送を聞きだした
写真にあるようなラジオではなく新しく買って貰ったお洒落なラジオである


d0185744_17172783.jpg


東京オリンピックを小学校の家庭科室か何かで見た事がある
先生がテレビの扉を重々しく開いていた
カラーになったのは僕が中学生の時だった
テレビ横のミシンは足踏み式で小学校の家庭科でミシンの授業があったので
母親からやりかたを教わった



d0185744_17250792.jpg

右にあるのは炊飯器で僕の家と同じ型だったかな



d0185744_17270669.jpg


下駄も見なくなった。散歩に行く時の大人のアイテムだったような気がする



d0185744_17354894.jpg



ちゃぶ台
よくテレビドラマでひっくり返されていた



d0185744_17383034.jpg



汲み取り式トイレ
左にあるのはトイレ用の水タンク?
僕の子供の頃の家は農家の借家で外にトイレがあって
トイレから手が出てこない様に祈っていた
行くまでの通路の電気が暗くトイレ内も暗かったからだ。冬の夜は、めちゃ寒かった
水は直接落ちると、びちゃびちゃになるので
外に落ちる仕組みになっている


d0185744_17465631.jpg



土間に落ちるようになっていたが
家は外にあったので土間がびちゃびちゃになる事はなかった


d0185744_17511323.jpg



僕の家は借家だったので家の前にある大家さんのお風呂を貰っていた
冬は沸かさない時もあったが夏は大変なので
両親の知り合いの家にお風呂を借りに行っていた
街灯が暗く懐中電灯で道を照らしながら歩いて貰い風呂をしていた
今時こんな街灯が無いと思うし
こんな街灯で一人で歩けと云われたら泣き叫ぶだろう
それだけ夜が怖かった
でもその分、星が綺麗に見えていた
その後、家を越して、また借家だったが風呂付だったので嬉しかった事を覚えている



続く


by yaguchitenga | 2017-10-15 05:29 | 写真 | Comments(8)