2017年 11月 17日 ( 1 )

武蔵野紀行66



第一の鳥居をくぐって多摩川を見ながら歩いていても中々着かず
この道で良いのかと思いながら歩いて行くと木で作られた第二の鳥居が見えた
多摩川の河川敷に降りて見上げて撮るのも面白そうなので降りて撮った


d0185744_18222048.jpg


河川敷から再び参道に戻り少し歩くと阿蘇神社の第三の鳥居が見えた



d0185744_18264789.jpg



階段を上って阿蘇神社に向かう




d0185744_18305755.jpg



石段の木漏れ日が気持ち良かった



d0185744_18330494.jpg


第四の鳥居



d0185744_18351212.jpg



鳥居と竹林



d0185744_18372679.jpg


一礼をして境内に入ると狛犬が出迎えてくれた
光が射した狛犬の目に迫力があった



d0185744_18424384.jpg



阿蘇神社の裏手にシイの古木があった
崖上ににあり柵がしてあり狭苦しく感じた
このシイは平将門を討った藤原秀郷が940年に社殿を造営した時に手植えをしたと伝えられている



d0185744_18492863.jpg



かなりの大木で超広角で撮るとアングル的に変な感じになるので
標準ズームで撮る
枝葉が多摩川の方に向いてるようだったので多摩川に降りて行った


d0185744_18541042.jpg



多摩川へと体を向けて立つ樹に迫力を感じた
今はコンクリートで固められているが昔はかなりの絶壁だったはずだ



d0185744_18590820.jpg


崖下から見るシイの枝葉が物凄く、かっこいい



d0185744_19013622.jpg




d0185744_19030320.jpg



多摩川へと体を張り出した銀杏の黄葉
堂々として素晴らしかった


続く









by yaguchitenga | 2017-11-17 05:19 | 写真 | Comments(6)