2017年 11月 26日 ( 1 )

武蔵野紀行75




太陽が山陰に隠れ多摩川の水面の色彩が消えた
残照が空を照らし闇に向かおうとしていた
なのでモノクロにして暮れて行く多摩川の風景を撮る事にした



d0185744_18351984.jpg


d0185744_18372764.jpg




d0185744_18411522.jpg







黄昏時は恋人たちの時間




d0185744_18430089.jpg



d0185744_18440944.jpg



羽村取水堰 玉川上水の取水口であり
台風や大雨時に多摩川が増水した時に設置した丸太を取り払い
本流に流す仕組みになっている
江戸時代に玉川上水を飲料水として使用し防災の為に役立てる為の先人の知恵で1654年頃から
ほぼ変わらず現在に至り玉川上水は都心に流れて行っている
最終地点は四谷大木戸だそうだが三鷹付近で暗渠になり
何処へ水が消えているのか僕には見当が付かない



d0185744_18552127.jpg



多摩川から分流された黄昏時の玉川上水



続く


by yaguchitenga | 2017-11-26 05:26 | 写真 | Comments(8)