インド紀行3



                                                        
                                      東インド、ブッダガヤから早朝の列車に乗って昼前に北インドバラナシに着いた
                                      宿はガンジス川の眺めが良いプージャゲストハウスにして最後の6日間を
                                      ガンジス河と空を眺めながら過ごした
                                      


d0185744_11203348.jpg
                                         部屋で1日中、ぼやっと過ごした夕方
                                         屋上のレストランには、また屋上があり
                                         夕食前に夕暮れ行くバラナシの街並みとガンジスを撮った
                     
                    
d0185744_11212405.jpg


d0185744_11150253.jpg



d0185744_11220340.jpg


       
d0185744_11242112.jpg

                                        太陽が沈み空とガンジスが白み夜になり月がのぼって
                                        ガンジスに月の光の道が出来た


d0185744_11273507.jpg
                                          
                       
    
d0185744_10192855.jpg
                                   
                                         
                                     ガンジスの空に紅い月が輝く



  
d0185744_10215274.jpg
                                      






朝日が昇る前のマジックアワーと白い月


d0185744_10260364.jpg




d0185744_10273600.jpg


d0185744_10341747.jpg


   夜明けと共に日の出を拝もうとボートに乗って参拝者達がガンジスに繰り出して行く



d0185744_10394208.jpg



d0185744_10410422.jpg



d0185744_10431542.jpg



d0185744_10450904.jpg



                                          雨季特有の空に、 天使の梯子が出来た



d0185744_10470260.jpg



街の彼方に陽が沈み

                             
d0185744_10560025.jpg


d0185744_10565329.jpg



d0185744_10583974.jpg



d0185744_11004649.jpg



d0185744_11025575.jpg


d0185744_11035959.jpg



d0185744_11050326.jpg

                                             再び闇が訪れた



                                       ゲストハウスが用意してくれたボートクルージングで見た朝のガンガーの輝き



d0185744_16184737.jpg



d0185744_16193946.jpg



        
d0185744_16202700.jpg


                       
d0185744_16212465.jpg


                       
d0185744_16220427.jpg


                       
d0185744_16223929.jpg


                      
d0185744_16232339.jpg



                                       日の出と共にヒマラヤを源流として流れて来る大河に祈りを捧げる為
                                       インド各地からヒンデイ教の巡礼者や地元住民が
                                       精神と肉体の浄化の為に沐浴にやって来て沐浴場が活気ずく
                                       他にも生活の一部としての顔がある
                                       1度目のインドのゲストハウスのスタッフがこんな事を云った
                                       ガンジスはシャワーでありトイレット>だと



                    
d0185744_16392526.jpg


                       
d0185744_16401004.jpg


                       
d0185744_16411383.jpg


                       
d0185744_16422137.jpg


                        
                      
d0185744_16432403.jpg


                     
d0185744_16441894.jpg

                       
                       
d0185744_16450070.jpg



                      
d0185744_16462286.jpg

                       
                        
d0185744_16471125.jpg
                       

                       
d0185744_16553315.jpg
                         

                       
d0185744_16482760.jpg

                       
 
                         
d0185744_16502491.jpg
              
                        

                       
d0185744_16513089.jpg
               
                          沐浴場には多くの古い建物やヒンデイ寺院が並んでいた
                  
                                        ボートに乗ってガンジス河から見た風景

                      
d0185744_16475779.jpg



                       
d0185744_16484829.jpg


                       
d0185744_16501143.jpg
                      

                      
d0185744_16531942.jpg


                      
d0185744_16543112.jpg
                          


                      
d0185744_16555541.jpg


                      
d0185744_16582278.jpg

                       
                        
d0185744_16591019.jpg


                                             沐浴場は多くの建物でひしめき合い
                                             ヒンデイの神々の像や絵画があった


                                             沐浴場は30年前と何も変わらず、変わった事と云えば
                                             雨季で川が増水して少ししかガートを歩けなかった事だ
                                             僕が泊まっているプージャゲストハウスは
                                             沐浴場から行けば、すぐなのだが、わざわざ遠廻りして
                                             迷路の路地を歩いて戻らねばならなかった
                                             方向音痴なので度々迷い涙目と汗で何とか辿り着いた
                                             なのでくねくね曲がる路地の角を覚えるのが大変だった
                                             次はボートに乗らず独自で歩いた沐浴場のスナップ



                         
d0185744_17171778.jpg

                       
                       
d0185744_17183088.jpg


                      
d0185744_17200437.jpg


                                       数ある神の中で破壊と再生 生殖の神であるカーリー神を祀っていた祠に
                                       生殖の象徴の石のリンガ(男根)が、あった



                       
                                       
               
d0185744_17310953.jpg


                       
d0185744_17320133.jpg


                                         インドの犬は野良犬ばかりで狂犬病を持っていて
                                         噛まれると大変な事になるので、なるべく近づかないように撮った


 
d0185744_17345977.jpg

                       
                       
d0185744_17394654.jpg


      
d0185744_17411766.jpg


                        
d0185744_17415530.jpg

                                                  
                                            今度はプージャゲストハウス周辺の路地裏スナップ



                        
d0185744_18040735.jpg

                                        プージャゲストハウスのレストランの屋上から俯瞰した民家
                                        インド人は乾季から雨季にかけて外で寝るのが好きらしい
                     

                      
                   
d0185744_18121454.jpg
                      

                       
d0185744_18132165.jpg



                     
d0185744_18073889.jpg


d0185744_18084374.jpg


                      
d0185744_18144361.jpg
                        
d0185744_18154103.jpg



d0185744_18174813.jpg
                                        
            
d0185744_18190762.jpg




d0185744_18201940.jpg


                       
d0185744_18213476.jpg

                                          ある日、カレー屋で昼食を食べて出ると
                                          激しい雷雨が降って来た
                                          ゲストハウスに戻ろうにも踊れなくなったので軒下で雨宿り
                                          雨が止むのを待っていると通りがかりのインド人が
                                          メーンロードに出て左に行くとかさ屋があると教えてくれたが
                                          そこまで行くのに、ずぶ濡れになるので我慢して止むのを待った
                                          煙草を^2~3本吸っても止む気配もなく、ぼォ~としてるのも
                                          能がないので写真に雨のストリートを撮ったが
                                          水はけが相変わらず悪く下水道から水があふれ出ていた
                                          この雨がやむと一瞬にして引いていくから不思議である



 
d0185744_18363977.jpg


d0185744_18371222.jpg



d0185744_18375408.jpg


d0185744_18383471.jpg


d0185744_18390915.jpg


こうして、 色々な失敗をしながらインド1ヶ月の旅を終えた


                                                      完