カテゴリ:写真( 1943 )

武蔵野紀行56



日本庭園へ行こうと思うのに森に巣くう光蜥蜴に捕獲されて
身動きを取れなくされたような感じになったようだ



d0185744_19255054.jpg




d0185744_19275907.jpg




d0185744_19300889.jpg




d0185744_19313412.jpg




d0185744_19331908.jpg





d0185744_19342363.jpg




続く


by yaguchitenga | 2017-10-31 05:17 | 写真 | Comments(6)

武蔵野紀行55




日本庭園に繋がる道は鬱蒼とした森と奇岩怪石が点在していた


d0185744_18410553.jpg



赤茶けた石は赤玉石と呼ばれていて佐渡島の金山より鉾ばれた高価な庭石だそうだ



d0185744_18471389.jpg



d0185744_18475229.jpg



両手を広げたような大木に寄り添うように
浸食されてぽっかりと穴が開き座していた奇岩



d0185744_18542823.jpg


その奇岩に光が射し怪物の顔のように見え今にも動き出しそうだ



d0185744_18595928.jpg




d0185744_19003902.jpg



続く


by yaguchitenga | 2017-10-30 05:42 | 写真 | Comments(6)

武蔵野紀行54




紀尾井町の由来は四ツ谷の江戸城外堀に
屋敷を構えた紀伊・尾張・井伊家の頭文字を取って後に名付けられたのだそうだ



d0185744_18312631.jpg



斜面に広がる森や江戸期からあったとされる灯籠を
日本庭園へ向かう道すがらに撮る




d0185744_18351735.jpg




d0185744_18365004.jpg



撮ってから日にちが経っていてこの物体が樹木の根か怪石か
恥ずかしい話だが現在は判別出来ないでいる
でも、怪石か樹木か解らないのも江戸期からずっと逞しくそだったせいもあるのだろうか


古木の紹介記事にあった天明年間(1780)から生育している推定年齢220年の
イヌマキと出会った。注意事項として公衆トイレの女子トイレの前に立っているので
気を付けるように、と、あったが侵入しなければ良い話で女子トイレを撮るような趣味は御座いません
此処に行く時おばちゃん達ばかりがトイレに入って行っていたけど
お構いなしに撮った。もし何か云われれば「古木を撮っています」と云えば良いし
古木が立つ場所に公衆トイレがあるのは変だ
どがんもこがんもならんやったとかね(そのまんま東風に)

d0185744_18422300.jpg



それにしても窮屈そうで可哀そうだし撮りにくく感じた



d0185744_18572170.jpg



幹部分に良い光が射していた



d0185744_19003289.jpg



イヌマキとカヤ、どっちが、どっちだか分からないけど
両方とも樹齢230年だそうだ


続く


by yaguchitenga | 2017-10-29 05:26 | 写真 | Comments(6)

武蔵野紀行53



武蔵野の地の利を生かした江戸期の風情が心地良かった




d0185744_19171183.jpg



d0185744_19175230.jpg




d0185744_19184767.jpg




d0185744_19193036.jpg




続く


by yaguchitenga | 2017-10-28 05:09 | 写真 | Comments(8)

武蔵野紀行52



なだ万山茶花荘の周辺風景



d0185744_18583257.jpg



竹垣の木漏れ日が良い感じ



d0185744_19001274.jpg



前日の雨で濡れているのか、営業前に打水をしたのか分からないけど
濡れた情景が格別だ
特に苔の濡れ具合が又良し



d0185744_19035291.jpg



濡れた飛び石



d0185744_19053112.jpg



濡れた飛び石が光っていた
それに適度な湿り具合である



d0185744_19093147.jpg



なだ万山茶花荘の風情が気に入って帰りも撮った
昼光の木漏れ日が竹垣に射し
朝と違う光が格別な味を出してくれた



d0185744_19143362.jpg


d0185744_19154018.jpg



なだ万の風情を見ていると
テレビ時代劇の鬼平犯科帳を思い出す
張り込みを辞めて冷酒を、いっぺい飲みたいもんだなぁ







d0185744_19203210.jpg



d0185744_19214314.jpg



d0185744_19231160.jpg


晄に酔っぱらっちまったぜ
あら、これから軍鶏鍋を出しますのに
と云う、会話が聞こえて来そうな昼下がりだった

なだ万の風景はまだ続きます


by yaguchitenga | 2017-10-27 05:55 | 写真 | Comments(8)

武蔵野紀行51



古木を検索していたらニューオータニ東京の古木に辿り着いた
更にニューオータニを検索したら江戸時代より続く名所だった事が分かった
この庭園の歴史は400年と古く加藤清正の下屋敷があり
その後井伊家に引き継がれ幕末まで中屋敷として使用された
幕府が倒れた後皇族の伏見宮家の所有となり樹木に包まれた庭園となり、世界大戦を経て
伏見宮家からニューオータニの創始者に渡り邸宅となった
やがて戦後の東京オリンピックの為にホテルニューオータニを建設し
江戸時代から続く庭園を整備して現在に至っている
庭園は珍しいモノを所有していて10月上旬の日曜日に行って来た


四谷で下車して案内板通りに行くと高級ホテルと名高いニューオータニが立っていた
普段高級ホテルには縁が無いので、少し不安になったが
まあ、無料で日本庭園を見る事が出来るし館内に入らなければ良いので大丈夫だと思った
庭園に通じる道へ進むと神社の森や由緒ある庭園に行くとヒンヤリと感じるのだが此処もそうだった



d0185744_18505041.jpg




d0185744_18513170.jpg



最初感じたヒンヤリは何処えやら何時の間にか暑くなって来た
もう10月だぜ



d0185744_18541164.jpg



日本庭園に向かう途中に立派な庭石があり看板には、なだ万山茶花荘と書いてあった
初めて聞く名前で懐石料理屋だそうである
高いのだろうと思いながら風情あるなだ万の風景を撮る事にした



d0185744_18584408.jpg








d0185744_18595687.jpg




d0185744_19011703.jpg




d0185744_19021753.jpg




d0185744_19030389.jpg




d0185744_19034339.jpg



なだ万は天保元年の創業で庭石や竹垣に歴史的風格が漂っていた



続く


by yaguchitenga | 2017-10-26 05:20 | 写真 | Comments(8)

東京の空5




久々の夕焼けだけど
2月の空



d0185744_17510334.jpg


d0185744_17523309.jpg


d0185744_17531154.jpg


by yaguchitenga | 2017-10-25 05:48 | 写真 | Comments(6)

東京の空4





d0185744_17105247.jpg


d0185744_17112730.jpg


d0185744_17120128.jpg


by yaguchitenga | 2017-10-24 05:08 | 写真 | Comments(6)

東京の空3




雲が踊る9月の空



d0185744_17450915.jpg


d0185744_17454474.jpg



d0185744_17460698.jpg




d0185744_17463422.jpg



d0185744_17494741.jpg

by yaguchitenga | 2017-10-23 05:42 | 写真 | Comments(4)

September of green light



残暑が厳しかった9月にタイムスリップ

ベンチの背中越しから見た緑色の光

もう少し涼しくなったら恋人たちが座って愛を語りあうのだろう



d0185744_17474183.jpg


by yaguchitenga | 2017-10-22 05:26 | 写真 | Comments(4)