<   2013年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

武蔵野台地を歩いて4

d0185744_9234588.jpg
芭蕉庵に入るには胸突き坂の登り口から入るのだが反対側に神田上水を守護する神社があった。
鳥居の背後には2本の冬枯れした巨大な銀杏の木があった。まるで東京と思えないと不思議な感覚になる。
現在コンクリートに囲まれている神田川と水神社。江戸期は、かなりの暴れ川だったんだと思う。そして胸突き坂の先に興味がわき階段を上る事にした。ここを自転車で下る若い子がいたり、老人がゆっくり坂を上っていたりしていた。登りきると永青文庫の看板に目がついて覗くと美術館のようである。後で調べると旧熊本藩、細川家の美術品を展示しているとのこと。入ると木々に囲まれた美術館だった
d0185744_9253729.jpg
d0185744_9273466.jpg
d0185744_9282769.jpg
永青文庫をスルーして付近の散策をした
d0185744_9313082.jpg
d0185744_932072.jpg
花火のような蕾、どんな花が咲くのだろうか。そして、背後に森があり散策路が設けてあった。続きは次回です
by yaguchitenga | 2013-02-28 09:38 | 写真 | Comments(6)

武蔵野台地を歩いて3

椿山荘を出た後関口芭蕉庵に行く。此処はフイルム時代の桜の季節に神田川を歩いていた時に訪れた事がある。桜が満開だった事もあり狭い庭園が観光客で、いっぱいで早々に帰った記憶がある。
庵は芭蕉が二度目の江戸入りして神田川の改良工事の際水番屋に住んだのが芭蕉庵の始まりだそうだ。
じっくりこの庭園を見ると土地の丘陵を利用して作っているなあと思った
d0185744_8495834.jpg
d0185744_8502295.jpg
正門から入れないので裏門から入った
d0185744_853392.jpg
d0185744_8533013.jpg
d0185744_8535576.jpg
d0185744_8541641.jpg
水仙が一輪咲いていた。
by yaguchitenga | 2013-02-27 09:02 | 写真 | Comments(8)

武蔵野台地を歩いて2

椿山荘の続編です
d0185744_18303889.jpg
d0185744_18312623.jpg
d0185744_1832139.jpg
樹齢500年の御神木、スダジイ
d0185744_18332338.jpg
d0185744_18342474.jpg
d0185744_18345917.jpg
d0185744_18354796.jpg
茶室の長松亭。中は立ち入り禁止
d0185744_18381737.jpg
d0185744_18384453.jpg
d0185744_183983.jpg
裏門もなかなかで歴史を感じました
by yaguchitenga | 2013-02-26 18:41 | 写真 | Comments(2)

武蔵野台地を歩いて

椿山荘は武蔵野台地の東縁部にあたる関口大地に位置し神田川に面している。
江戸時代は千葉県久留里藩黒田氏の下屋敷だった。明治になり山縣有明が購入して椿山荘と名付けた。
名前の通り椿の自生地だったので椿山と呼ばれていたそうである。やがて昭和に入り結婚式場として
営業を始めて現在に至っている。フイルム時代神田川沿いを歩いて撮った事があるが中に入るのは初だった
庭園には秩父山系からの湧水が流れているそうで森を思わせる庭園だった
d0185744_1861050.jpg
d0185744_18632100.jpg
人口とは言え見事な滝
d0185744_1875630.jpg
d0185744_1891164.jpg
滝は裏から見れる仕組みになっていた。そして椿越しの滝
d0185744_18131314.jpg
d0185744_18133569.jpg
三重の塔と見事な大木
d0185744_18153416.jpg
d0185744_18161097.jpg
d0185744_18165666.jpg
d0185744_18175866.jpg

by yaguchitenga | 2013-02-25 18:20 | 写真 | Comments(8)

鎌倉 建長寺の風景3

次は建長寺の鎮守である半僧坊へ行く。途中で大きな杉木立があり寺が見えたので寄り道してみたら立ち入り禁止になっていた。正統院と名のつくお寺だった
d0185744_10381073.jpg
d0185744_10383046.jpg
更に半僧坊を目指して歩くと結構な心臓破りの階段があり息を切らしながら登ると天狗の像達がお出迎え
d0185744_10405831.jpg
また登って、やっと半僧坊へたどり着く。良い眺めである。さっきまでいた建長寺が見えた
d0185744_10433299.jpg
d0185744_10451819.jpg
梅が咲くのだろうか木が紅く色づきはじめていた。まるで秋の紅葉を思わせるようだ。まだ上に勝上献展望台があるので行ってみることにした。
d0185744_10494835.jpg
d0185744_10502585.jpg
d0185744_10511537.jpg
そして息を切らして上ったご褒美だろうか富士山が見えた
d0185744_10524076.jpg
d0185744_10531059.jpg

by yaguchitenga | 2013-02-24 10:54 | 写真 | Comments(12)

鎌倉 建長寺の風景2

鐘突き堂の近くに参道があり行くと墓所にたどり着いた。その近辺は苔むした樹木や土だった。
一通り撮り終わると立ち入り禁止のお寺の突き当りに、ビャクシンと手入れされた松の木があった。
どのお寺にも松の木が植えられているが、どんな意味があるのだろうか。参拝者を待つ意味もあるのだろうか
d0185744_7511864.jpg
d0185744_7513930.jpg
d0185744_752476.jpg
d0185744_7524044.jpg
d0185744_75355.jpg
d0185744_7533733.jpg
d0185744_7543676.jpg
d0185744_755139.jpg
d0185744_7552250.jpg

by yaguchitenga | 2013-02-23 07:58 | 写真 | Comments(8)

鎌倉 建長寺の風景

建長寺に引きつけられるように再度行った。前回とは違い冬晴れの日だ。森も明るく輝いていた。
建長寺の奥にある半僧坊に行く前に再度法堂に入った。正面にはパキスタンのラホールから寄贈された
釈迦苦行象があったが撮るのをためらい天井画の龍図を撮り方丈と言われる庭園に向かう。
この庭園は京都の船舟三味院から移築したそうだ。見事な庭園だ。春になるともっと見応えがあるんだろう。
d0185744_1032997.jpg
参道に咲いていた梅一輪
d0185744_104647.jpg
法堂の龍図。
d0185744_1054818.jpg
方丈庭園
d0185744_1062257.jpg
d0185744_1064625.jpg
d0185744_1071565.jpg

by yaguchitenga | 2013-02-22 10:10 | 写真 | Comments(6)

鎌倉 建長寺にて

この日は天気が悪いのと時間もなく奥ノ院に或る半僧坊など見るものがあったのだが出直す事にした。
建長寺の歴史的建築物を撮ったのは今回が初だった。建長寺は禅宗のお寺だそうです。ラストにカラーになっているのは出直して撮りました
d0185744_7511257.jpg
立派な山門の柱
d0185744_7515696.jpg
法堂
d0185744_7552810.jpg
d0185744_7561228.jpg
法堂には入れましたが、恐れおおく撮れませんでした。なので外観を撮影
d0185744_7584863.jpg
見事な唐門です
d0185744_803090.jpg
鐘突き堂です。カラーに変えると、何故か、ほっとします。緊張と緩和でしょうか
by yaguchitenga | 2013-02-21 08:03 | 写真 | Comments(12)

鎌倉 建長寺のビャクシン

鶴岡八幡宮の後、まだ時間があったので、ここから歩いて20分ぐらいの建長寺に行く事にした。
そこには樹齢750年のビャクシンがあるからだ。建長寺は鎌倉幕府5代執権 北条時頼により創建されたと伝えられている。さて、建長寺に堂々と立つビャクシンをアングルを変えながら見てみたのだが、なかなか
シャッターを切る事が出来なかった。曇りのためもあったがあまりにも神々しい立ち姿だったからだ。他にも7本のビャクシンがあり勇ましい姿で立っていた。あの頃はこのような樹木が鬱蒼と茂っていたのだな。鎮守の
森とは現在と違い聖域の場所だったんだと実感した
d0185744_8324891.jpg
d0185744_8332263.jpg
d0185744_834590.jpg
d0185744_8343724.jpg
d0185744_835686.jpg
d0185744_8353633.jpg
d0185744_836119.jpg
d0185744_8364274.jpg

by yaguchitenga | 2013-02-20 08:38 | 写真 | Comments(10)

鎌倉 鶴岡八幡宮の森2

d0185744_8421117.jpg
d0185744_843380.jpg
樹齢730年のビャクシン
d0185744_8443880.jpg
d0185744_8451182.jpg
此処だけ何故か明るく見えたのでカラーにした
d0185744_8461769.jpg
牡丹園で威厳を保って立っていたケヤキの大樹。人間の老人のしわのようだった
d0185744_8495839.jpg
d0185744_8505284.jpg
d0185744_8514022.jpg
d0185744_8523499.jpg
d0185744_8532413.jpg
この森はところどころ立ち入り禁止になっていた場所があり神聖な森と崇めらているようでした
by yaguchitenga | 2013-02-19 08:57 | 写真 | Comments(4)