<   2013年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

東京の空

久々にと思ったら梅雨に入って、しまった
d0185744_20345322.jpg

by yaguchitenga | 2013-06-30 06:32 | 写真 | Comments(8)

伊豆の大地を歩く8

d0185744_775895.jpg
d0185744_784723.jpg
d0185744_791752.jpg
d0185744_7101866.jpg
d0185744_7105367.jpg
d0185744_7131678.jpg
d0185744_714390.jpg
d0185744_7143862.jpg
下田も凄い地層で圧倒されたけれど城ケ崎海岸の溶岩地帯とそこに立つ森も素晴らしい景観だった。
by yaguchitenga | 2013-06-29 07:18 | 写真 | Comments(8)

伊豆の大地を歩く7

d0185744_733417.jpg
d0185744_741390.jpg
d0185744_744229.jpg
d0185744_752644.jpg
d0185744_755519.jpg
d0185744_76502.jpg
d0185744_773367.jpg
d0185744_781013.jpg
d0185744_783975.jpg

by yaguchitenga | 2013-06-28 07:10 | 写真 | Comments(10)

伊豆の大地を歩く6

d0185744_7102993.jpg
城ケ崎海岸は深い森に包まれ色々な樹木が風雨にさらされ立ちすくんでいた。何度も他記事で書いたようにに思うが森は海が育てているように思う。
d0185744_7105987.jpg
d0185744_7113329.jpg
d0185744_712070.jpg
d0185744_7125252.jpg
d0185744_7132888.jpg
d0185744_7142599.jpg
d0185744_7145697.jpg

by yaguchitenga | 2013-06-27 07:17 | 写真 | Comments(10)

伊豆の大地を歩く5

城ケ崎海岸は大室山が噴火して流れ出て出来た溶岩海岸だ
城ヶ崎ピクニカルコース」と「城ヶ崎自然研究路」の、合わせて全長9kmの遊歩道がある。今回、両方を歩きたかったのだが、ちょっと無理なので「ピクニカルコース」だけにした。
d0185744_710766.jpg
d0185744_7105337.jpg
d0185744_7112790.jpg
半四郎落しに架かる門脇吊り橋
d0185744_7133948.jpg
吊り橋を渡りきった溶岩だらけの広場から撮った断崖絶壁
d0185744_7153041.jpg
d0185744_715556.jpg
溶岩が露出していて奇観な風景を見ることが出来た。この海岸には溶岩上に立つ樹林帯もあり風雨にさらされた姿に生命の素晴らしさを感じた。
by yaguchitenga | 2013-06-26 07:23 | 写真 | Comments(12)

伊豆の大地を歩く4

下田駅に戻り、やはりバスが無くタクシー利用で水仙の群生で有名な爪木崎へ行く事にする。
此処は溶岩が冷却個結や地殻変動の時に生じる柱状節理(ちゅうじょうせつり)が見られる
d0185744_727112.jpg
d0185744_7284592.jpg

まさに大自然の贈り物である
此処を撮って今日の宿がある須崎海岸に行くことにする。ニュースでは梅雨入り宣言が出された日だった
あいにくの天気だったが大自然の驚異を見せつけられると不満が消えてしまうから不思議だ
d0185744_7324846.jpg
朝の須崎海岸。此処は港町だ。昨日の夕食はてんこ盛りの料理に舌鼓で満足しました
港の風景は次回です
by yaguchitenga | 2013-06-23 07:36 | 写真 | Comments(10)

下田 ペリーロードにて

さて、田牛(とうじ)海岸を後にして再びタクシーに来てもらい下田駅へ。この近くで昼食を取りペリーが日米下田条約締結の為に歩いたペリーロードへ行くことにした。この通りはなまこ壁などの昔の風情が残る町並みだ。
了仙寺に咲いていた、アメリカジャスミン。一通り境内を歩いて再び小路を歩くと色々な花や紫陽花が咲いていた
d0185744_854266.jpg
d0185744_862122.jpg
d0185744_864742.jpg
d0185744_88111.jpg
d0185744_883062.jpg
d0185744_89031.jpg
d0185744_892694.jpg

花が咲いている階段を上ると大浦山長楽寺の仏様と、なまこ壁
d0185744_8141916.jpg
d0185744_8145291.jpg
さて、一通り散策して再度下田駅まで、ここから何処へ行こうかと思案しながら歩く。こんな行き当たり、ばったりの撮影旅も初めてです
バス便が少ないので、ちょっと大変
by yaguchitenga | 2013-06-22 08:19 | 写真 | Comments(12)

伊豆の大地を歩く3

サンドスキー場の周辺も奇岩 怪石で言葉では言い尽くせない風景があった
d0185744_6523677.jpg
d0185744_653983.jpg
d0185744_6533499.jpg
d0185744_6541281.jpg
d0185744_6543657.jpg

d0185744_6583731.jpg
d0185744_6585535.jpg
d0185744_6591373.jpg

by yaguchitenga | 2013-06-21 07:00 | 写真 | Comments(8)

伊豆の大地を歩く2

タクシー運転手の話では隣の「サンドスキー場」も見事だそうで寄る事にした。この場所は海からの風が強いせいで砂が吹き上げられ自然に砂の斜面が出来たそうだ
d0185744_79511.jpg
d0185744_793331.jpg
d0185744_7133551.jpg

d0185744_7193399.jpg
d0185744_720247.jpg

by yaguchitenga | 2013-06-20 07:22 | 写真 | Comments(8)

伊豆の大地を歩く1

d0185744_745749.jpg
5月下旬伊豆下田に行ってきた。ネットで伊豆下田を調べていたら竜宮窟を知り行きたくなったのだ
僕の一泊二日の旅のはじまりです。伊豆東部の火山群は本州との衝突現場であり日本では珍しい単成火山群を形成している。下田の田牛海岸にある竜宮窟は海底火山から噴出した黄褐色の火山れきが美しい層を作っている
d0185744_705131.jpg
道路側から階段を下りてみた風景
d0185744_723734.jpg
d0185744_73147.jpg
怪物同士が戦っている様に見えて面白い景観だと思った
上を見ると大穴が開き天気が悪かったので、かすかな光が射していた。海食洞の天窓と呼ばれている
d0185744_782292.jpg
そして、ここに訪れる時、タクシーの運転手さんとの会話に「竜宮窟は上に登る事が出来て上から覗くとハート型に見えるんです。テレビで紹介されて。恋人たちのパワースポットになってるんですよ」さて、何故僕がタクシーを使用したか、バス便がなく下田駅の最終が3時だそうで仕方なくだった。此処からの帰りはバスもなく帰路もタクシーを使う事になってしまった。往復4千円だったが素晴らしい絶景だった
d0185744_716966.jpg
d0185744_716319.jpg
これがハート型の海食洞だ。
by yaguchitenga | 2013-06-19 07:18 | 写真 | Comments(10)