<   2013年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

筑波山の風景3

d0185744_18594540.jpg

母の胎内くぐりとよばれている巨大石。岩を抜ける事で生まれた姿に立ち返る事を意味している
僕も潜り抜けようと潜ってみたけれど反対側に出る事は出来なかった
d0185744_196526.jpg
胎内くぐりの巨石のアップを撮ってみた。ヒトの顔に似ていると思った
d0185744_19899.jpg
光を背にして立つ樹木。神々しい光だ。
d0185744_19103750.jpg
上に見えるのが「天照大神」を祭る神社だ
d0185744_19125479.jpg
石舞台のような大岩を抜ける
d0185744_19145089.jpg
まるで化石のような巨大な蛸のような巨木の根っこを見て通り過ぎると今回一番見たかった大岩にたどり着いた。インドでもこのような奇岩を見た。その後ネットで検索していたら筑波山の怪石の情報が出て、行って見たくなったのだ

そのインドの怪石はこちらhttp://yaguchiten.exblog.jp/17057248/です。
d0185744_19211082.jpg
d0185744_19213763.jpg
アングルを変えて2枚撮った。岩の名前は「弁慶の七戻り」筑波山を訪れた弁慶が巨石を見て七度戻ったと伝えられている。
僕は二度ほど潜り抜け最適なアングルを探したのだが結局逆光気味になってしまった
by yaguchitenga | 2013-07-31 06:30 | 写真 | Comments(15)

筑波山の風景2

息を切らしながら、やっと奇岩 怪石の群落へたどり着いた
d0185744_83654.jpg
この怪石は北斗岩と呼ばれている、その怪石のトンネルを潜り抜けると
d0185744_852932.jpg

巨大な石が座っていた。北斗岩の由来は天空に輝く北斗星のように決して動く事がない事からだそうだ
d0185744_89128.jpg

原生林の登山道を歩いて、しばらくすると
d0185744_810013.jpg
出船 入り船と名が付いた怪石。船の船首と船尾に似ていることから来ているそうだ
d0185744_8124961.jpg
神々がこの石の上に線を引き神々が行くべき地方を割り振ったそうだ。名前は国割石
d0185744_8161425.jpg
10メートルを超える岩が二つそびえ陰陽寄り添っている様に見えることから付けられた。陰陽石
d0185744_8231548.jpg
d0185744_8234098.jpg

次回へ
by yaguchitenga | 2013-07-30 08:26 | 写真 | Comments(6)

筑波山の風景1

梅雨開けした7月の日曜日に茨城のシンボル筑波山へ行った。登りはロープウエイで時間を稼ぎ女体山の頂上まで
この山にはいくつものルートがあるのだが白雲橋コースを選んだ。自然が作り上げた奇岩などがあるコースである。最初は山頂から見た関東平野です。素晴らしい眺めだった
d0185744_710556.jpg
d0185744_7111095.jpg
d0185744_7113237.jpg

そして、奇岩、怪石をめざし歩いた。このコースは下りになっていて歩きやすいかなと思ったけれど、結構大変な登山道でレンズを減らしたのは正解だったようだ。望遠を持っていたら、どうなったことか
d0185744_7145859.jpg
d0185744_7151624.jpg
d0185744_7153831.jpg
d0185744_7155630.jpg

by yaguchitenga | 2013-07-29 07:18 | 写真 | Comments(12)

北鎌倉 円覚寺の風景2

まさか僕が円覚寺に行くとは思いもしなかった。僕の目的は、ガイド本で見た北鎌倉の里山だったからだ。この里山は知る人ぞ知る里山だったようで途中道に迷い暑さのせいもあり駅に戻り円覚寺に行く事にしたのだ。山門に通じる階段の木漏れ日に、さっきまで舌を出していた僕の心は躍り、光に導かれるように中へ入った。最後はこの山門をくぐり
再び光に導かれるように俗世へ戻った
d0185744_755544.jpg
d0185744_761919.jpg
d0185744_77591.jpg
d0185744_772918.jpg
d0185744_774622.jpg
d0185744_78947.jpg
d0185744_783051.jpg
d0185744_785556.jpg
d0185744_791723.jpg

by yaguchitenga | 2013-07-28 07:10 | 写真 | Comments(6)

北鎌倉 円覚寺の風景

北鎌倉の森に囲まれた円覚寺、階段を上ると鳥や蝉の鳴き声が聞こえてきて暑さを忘れる1日だった
d0185744_7312812.jpg
d0185744_731494.jpg
d0185744_7322726.jpg
d0185744_7331733.jpg
d0185744_734114.jpg

by yaguchitenga | 2013-07-27 07:34 | 写真 | Comments(8)

ハイカラ モダンな

僕が此処に来たのは深谷駅を見る事と、煉瓦作りの鉄橋跡地を見る為だったが、何故か「第一銀行」を創設した渋沢栄一名残りの家を見ることになるとは思はなかった。渋沢栄一の名前は此処に来るまで知らなかったのだから。彼は昭和20年に生地、深谷に煉瓦製造工場を作った。此処で造られた煉瓦は東京駅や赤坂離宮 東大などの近代建築に使われた。渋沢は「第一銀行」の創設者でもある。その関係者が喜寿を祝い大正5年に作った煉瓦作りの会議のための、ハイカラ モダンな家を世田谷に建築した。やがて取り壊すことになり平成11年に生誕地の深谷に移築した。ガイドさんの話では地震にも耐える設計をしたそうである。工程過程を教えて貰ったのだが失念してしまった。この家の名称を「誠之堂」と言うそうだ。
d0185744_7481517.jpg
d0185744_7483432.jpg
d0185744_748502.jpg

by yaguchitenga | 2013-07-25 07:49 | 写真 | Comments(10)

東京駅と深谷駅

東京駅と埼玉県にある高崎線の深谷駅は共に煉瓦作りで共通している
竣工した東京駅・丸の内口駅舎の建築時、深谷に所在する日本煉瓦製造で製造された煉瓦が70キロ以上離れた東京駅まで鉄道輸送されて使われたという史実に因む。深谷駅舎自体はレンガ構造ではなく、コンクリート壁面の一面にレンガ風のタイルを貼ることによって東京駅に似せている(ウイキより
僕は何年前かに煉瓦作りの駅舎を知り、やっと行くことが出来た
最初は新しい丸の内の名所になった、KITTEの屋上から撮った東京駅です
d0185744_7322287.jpg

一枚目は下から見た東京駅
d0185744_7331335.jpg
d0185744_7332538.jpg
d0185744_7335339.jpg
d0185744_7341466.jpg

そして深谷駅
d0185744_735334.jpg
d0185744_7352131.jpg
d0185744_7353886.jpg
d0185744_7355638.jpg
ホームも煉瓦作りになっていて興味深い駅だった
by yaguchitenga | 2013-07-24 07:38 | 写真 | Comments(14)

東京の空6

のんびりした午后の空
のほほんとした空が
ほんのり薄紅色
d0185744_730527.jpg

by yaguchitenga | 2013-07-23 07:32 | 写真 | Comments(6)

東京の空5

d0185744_7443575.jpg
d0185744_7445041.jpg

d0185744_7525476.jpg
d0185744_7561647.jpg
スカイツリーの背後に横に流れる雲が十字架に見えた。梅雨の空は何時見ても面白い
by yaguchitenga | 2013-07-22 07:58 | 写真 | Comments(8)

東京の空4

3の続きです。この日は面白い空でした
d0185744_7202859.jpg
d0185744_7211156.jpg
d0185744_7213452.jpg
d0185744_722720.jpg
d0185744_7222786.jpg
d0185744_7224864.jpg
d0185744_7231190.jpg
d0185744_7232884.jpg
d0185744_7234544.jpg

by yaguchitenga | 2013-07-21 07:25 | 写真 | Comments(12)