<   2014年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

東京の空9

激しかったりやさしかったり、目まぐるしく変わる空が好き
d0185744_18585624.jpg
d0185744_1859840.jpg
d0185744_185924100.jpg
d0185744_18593970.jpg

by yaguchitenga | 2014-10-30 22:40 | 写真 | Comments(8)

東京の空8

                   洛陽が秋の空を真っ赤に染めた

d0185744_1813437.jpg

by yaguchitenga | 2014-10-29 22:40 | 写真 | Comments(4)

武蔵野紀行4

お昼頃に来たのに、もう陽が傾き始めて夕暮れの森に射す光が気持ち良く夕景浴と森林浴の両方を味わった気分だった
d0185744_19382139.jpg


d0185744_193854100.jpg
d0185744_19392335.jpg
d0185744_19395231.jpg
d0185744_194046.jpg
d0185744_19403263.jpg
d0185744_19405616.jpg

by yaguchitenga | 2014-10-29 05:11 | 写真 | Comments(6)

武蔵野紀行3

何処からか子供の遊び声が聞こえるぐらいで静かで都心にあるとは考えられない森だった

d0185744_18585472.jpg

d0185744_1859148.jpg
d0185744_190689.jpg
d0185744_1903273.jpg
d0185744_1905773.jpg
d0185744_1911177.jpg

by yaguchitenga | 2014-10-27 22:50 | 写真 | Comments(8)

武蔵野紀行2

東京都心の麻布に武蔵野の面影が残る森があるなんて思いもしなかった。
皇居外苑や上野公園、明治神宮や谷根千の起伏のある土地しか知らなかったから、なおさらである
郊外に行けば武蔵野の森は沢山あるのだけれどね。
d0185744_18221970.jpg

ハナミズキの実を初めて見た。実がなるんだなあ。それにしても葉が綺麗だ
d0185744_18235178.jpg

若木の紅葉
d0185744_18244868.jpg
樹木が踊ってるようだ
d0185744_1825564.jpg

湧水では無いと思う。地下水をポンプで汲み上げているのだろうか
d0185744_18264712.jpg

光と風がささやいた
d0185744_18272422.jpg

うろが人の顔に見えた

次回へ
by yaguchitenga | 2014-10-26 23:40 | 写真 | Comments(8)

武蔵野紀行1

麻布にある有栖川宮公園は地理的には武蔵野台地の東端にあたり、その起伏を活かした公園になっている
江戸期は睦盛岡藩下屋敷で明治29年に有栖川宮親王が霞ヶ関の御殿から移動する事になり代替地として
御用地になり大正2年には高松宮家に継承され自然に格別の関心を持っていた高松宮は昭和9年1月5日、有栖川宮の命日にちなんで御用地約11,000坪(36,325m2)を公園地として東京市に下賜された。東京市はただちに整備工事を開始。公園は有栖川宮記念公園と命名され、同年11月に開園・開放された
d0185744_7524625.jpg


d0185744_7525921.jpg
d0185744_7531220.jpg
d0185744_7532828.jpg
d0185744_7535068.jpg
d0185744_754978.jpg

人の手が入った森ではあったが、入園した瞬間に森特有のひんやり感が感じられた
続きます
by yaguchitenga | 2014-10-26 08:01 | 写真 | Comments(6)

樹木のポートレート2

去年、東京は品川の御殿山辺りを歩いていて発見した樹木。事務所か民家の花壇に
立っていた百日紅に似ていた樹木の表情が、少し不気味に見えアングルを変え撮った
うろが老人のしわのようにも見え、1度目のインドで見た山岳地帯のラダックの人々に深く刻まれたしわを
思い出した。深く刻まれた彼らのしわは乾燥地帯で生きる証明なのかも知れない
d0185744_8505239.jpg



d0185744_851956.jpg
d0185744_85126100.jpg

うろは樹洞と言われ、樹皮がはがれて木のなかが腐るなどして隙間が開き、できた洞窟状 の空間をいう
by yaguchitenga | 2014-10-25 08:56 | 写真 | Comments(6)

樹木のポートレート1

               東京両国の旧安田庭園で見かけた樹木の顔がユーモラスだった
           前に行った時は上手く撮れずに出直しの1枚です
               
               
d0185744_17383883.jpg

by yaguchitenga | 2014-10-24 05:34 | 写真 | Comments(12)

東京の古木

東京練馬区の白山神社に樹齢約900年と推定される大ケヤキがある。永保3年(1083年)、源義家が「後三年の役」で奥州へ向かう際、戦勝を祈願してこの白山神社に奉納したものと伝えられている。
樹高19メートル、幹周り8メートルの大きさで、平成8年3月に国の天然記念物に指定されたが落雷や樹幹の
空洞化が原因とかいろいろな病気で
衰弱したが樹木医の長年の治療で徐々に樹勢を回復しているそうだ。縁があり生まれた命が900年。恐れ入る年月でもある
d0185744_18544530.jpg

まるで空に向かって雄叫びを上げているような姿だ.(反対側からの撮影です)
d0185744_18565578.jpg

落雷の後が生々しく、怪物の顔にも見え夜など知らない人が見たら驚くに違いない
d0185744_191425.jpg
d0185744_1912930.jpg

by yaguchitenga | 2014-10-22 23:01 | 写真 | Comments(6)

京島スナップ

3月に歩いた京島スナップの在庫から
 狭い路地に電信柱。戦災を生き残った街の遺跡の様だ
d0185744_18502595.jpg

d0185744_18503679.jpg

by yaguchitenga | 2014-10-22 05:44 | 写真 | Comments(12)