<   2015年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

葛飾八幡宮の森1

             踏切を渡った先が八幡宮である。長い参道を歩きながら、スダジイや楠を撮り歩き
             落葉樹の芽吹きは、まだのようだ。やがて本殿に着いた
             おー、これが樹齢1200年の銀杏なのか、とても凄い樹形をしていた
            多くの幹が寄り添い支えあっている事から千本銀杏と名が付き縁結びなどの
            ご利益があるそうだ
d0185744_182689.jpg

             
d0185744_1824019.jpg
d0185744_1825920.jpg
d0185744_1832890.jpg
d0185744_184264.jpg
千本銀杏
d0185744_1841841.jpg
国の指定天然記念物の
           千本銀杏の芽吹きは、まだのようで4月頃なのかな。気が早すぎたようだ
           新緑の季節にもう一度行って見ようと思った。
by yaguchitenga | 2015-03-31 18:06 | 写真 | Comments(6)

八幡の藪知らず

         3月上旬の休日、以前にネットで知った千葉県本八幡にある葛飾八幡宮の大銀杏を見たくて
         足を運んだのだが合わせて知った藪知らずもこの付近にあるので寄ってみる事にした
         八幡の藪知らずは国道が走り鳥居と小さな祠があって石囲いがしてあった
         藪、まさに竹藪で好き勝手に群生して手入れもしてないようだった。伝説によると
         江戸時代に水戸黄門が藪に入りなかなか出る事ができなかったそうだ
         その後、水戸黄門は此処に祠を建て立ち入り禁止にして現在も地元の人も立ち入らないそうで         入れば祟りがあると伝えられている。地元の人に聞いた話では「入っても文句は言われないと
         思うけど、昔から住んでる人は入らないねえ。八幡宮のおじいちゃんが手入れしてたけど
         随分前に亡くなったから手入れする人いないんじゃない」
         僕的な考えでは迷うほど広くもない竹藪だけど何か神聖な場所なのかも知れない
         入れそうなんだけど祟りが怖いのでやめにしたが、それよりも不審者扱いを受けるのも
         つまらないと思いやめにした。でも深夜だったら入れるかも、でも、やめとこ
d0185744_1905257.jpg

d0185744_1911673.jpg

         曇日だったのでモノクロ撮影。 次は葛飾八幡宮の森です

         

         
       

         
        













          
         
         

     
by yaguchitenga | 2015-03-30 19:02 | 写真 | Comments(6)

東京の空3

         今年1月の年明けの空。どんよりとした雲に蓋されて
         木枯らしが吹く日々だった。ほんとに年々寒くなっていくなぁ
d0185744_16442537.jpg
d0185744_16444013.jpg
d0185744_16445612.jpg
d0185744_16451827.jpg
d0185744_16453385.jpg
d0185744_16454932.jpg

by yaguchitenga | 2015-03-29 16:46 | 写真 | Comments(6)

東京の川8

             旧万世橋に出入り自由のテラスがあって其処から神田川の水面を撮ったり
             煉瓦造りの昌平橋を撮った
d0185744_1952714.jpg
昌平橋
       この橋は綱吉が湯島聖堂を建設した際に孔子の生誕地、魯国の昌平郷にちなんで命名された
d0185744_19203210.jpg

             
           
d0185744_1920475.jpg

      そして、てくてく川沿いに歩いていたらビルに囲まれた神社を見つけた
d0185744_19224215.jpg
逆光だったのでモノ撮影
      好奇心の塊で神田川に掛けられたふれあい橋を渡って柳森神社に入ると奇妙なモノが座していた
      この神社には狐ならぬ狸が祭られていたのだ。初めて見た時は何の動物か解からなかった
      しかし、でかいし、ユニークな顔をしている御狸様だ
d0185744_1930054.jpg

    神田川土手沿いは柳の森で、この森に鎮守として祭ったのが始まりだとか。
    柳橋を目指して歩を進めて行くと浅草橋の船宿付近にたどり着き、昼間は面白くないので
    路地に抜けると住宅に囲まれた神社に着いた。神社だけに光があたり面白かったのでモノクロで撮る
    柳橋付近は、さんざん撮っているのでスルーして両国駅から帰路についた
d0185744_19421397.jpg


      
by yaguchitenga | 2015-03-27 19:43 | 写真 | Comments(10)

東京の川7

               今年1月に御茶ノ水から浅草橋、両国まで神田川沿いを撮り歩いた
               朝10時過ぎから12時頃まで2時間、直線だったのと、少し脇道に入っての   
               撮影だったけど何もせず歩くだけだったら1時間で両国まで行くかも知れない
               ちなみに秋葉原を入れて4駅の行程だった。
d0185744_1953273.jpg
             
               
d0185744_1954993.jpg
d0185744_19545858.jpg
d0185744_195695.jpg
d0185744_1956544.jpg
d0185744_19573737.jpg

               そして赤レンガの旧万世橋駅に着いた。この駅は閉鎖された後交通博物館になり
               その後、当時の外観を残してお洒落なカフエなどがある店舗に変身した
               以前から中央総武線の車窓から眺めていたけど用もないのに滅多に御茶ノ水や
               秋葉原で降りないので、やっと東京の川のテーマで撮る機会が出来た
d0185744_2095648.jpg



                 
           
d0185744_20103683.jpg
d0185744_2010571.jpg

by yaguchitenga | 2015-03-26 20:11 | 写真 | Comments(6)

東京の川6

               一昨年、日本橋川に装飾されている麒麟像を撮りに行った折に
               長崎ちゃんぽん専門店を見つけて食べて帰った。僕はその味が忘れられず
               食べに出かけた。そのついでに日本橋川の麒麟を見たくなり食後の散歩がてら
               再訪した
d0185744_1655988.jpg

              日本橋川の頭上の首都高速。ここが東海道53次の起点になる
d0185744_16571651.jpg
d0185744_1657385.jpg
d0185744_1658657.jpg

              橋を撮ろうと橋を眺めるテラスに降りて橋を撮っていると中央に装飾があり
              望遠で見ると獅子の顔に似ていた。細かいところにまで気を使ってるんだな
d0185744_1734521.jpg

              そして、橋の反対側に行ったりして写真を撮っていると案内板の瓦に鬼瓦を見つけた
              鬼瓦のルーツを調べてみるとシリアにあるパㇽミラと言う地で神殿の入口に  
              メドウサを厄除けとして設置していたそうだ。そのメドウサや獅子,麒麟などが
              シルクロードを経由して奈良時代の仏教に取り入れられ現在に至っている
              さしずめ現在は首都高の守護の役割を担っているのだろう
              東京の川を、ちょくまか動くと面白いと思った
d0185744_1714464.jpg
鬼瓦
d0185744_1715356.jpg
獅子像
 

              
by yaguchitenga | 2015-03-24 17:15 | 写真 | Comments(6)

光と影

               1月の在庫からです
              
d0185744_19124453.jpg

by yaguchitenga | 2015-03-23 05:05 | 写真 | Comments(10)

武蔵野紀行12

            一昨年の秋に東大本郷の三四郎池の紅葉を撮りに行った時、安田講堂は工事中で
            何の工事だろうと思っていたら講堂内の天井が地震で落ちないように耐震工事を
            していたらしい。その工事も終わり子供の頃、学生運動や三島由紀夫のテロ事件とかで
            テレビを見ていた講堂を今回生でを見る事が出来たが、その門だけが傷だらけで残って
            生々しい姿を現した。学生の投石と三島のテロで傷ずついたのだろうか。
            歴史の重みを感じた次第であるが何故修復しなかったのだろう。有形文化財に
            指定されているからだろうか、とか思った。しかし昔の学生って元気だったんだなあ
            僕が2度目のインドで知り合った日本人の旅人も学生運動の経験があったそうで
            日本で再会して交流が続いたけど結構、頑固な人だった。

d0185744_7134699.jpg

 
d0185744_7143343.jpg

            
        
         
d0185744_7151082.jpg
d0185744_7152263.jpg
d0185744_7155486.jpg
d0185744_7162111.jpg
d0185744_7164014.jpg

by yaguchitenga | 2015-03-22 07:17 | 写真 | Comments(8)

武蔵野紀行11

       2月は週末になると天気が悪かったような気がする。そんな日曜日、ふと思いついて
       東大の本郷の森を撮りたくなった。雨が降りそうだったので早めに切り上げたけど
       安田講堂の工事も終わったようで良いタイミングだった。安田講堂は後日の記事です
d0185744_7473385.jpg

 
d0185744_747571.jpg
d0185744_7481325.jpg
d0185744_7482893.jpg
d0185744_7485093.jpg
d0185744_749756.jpg
d0185744_7492234.jpg
d0185744_7494095.jpg

      曇だったのでモノトーンにして撮ったら冬の森の雰囲気が出たようだ
by yaguchitenga | 2015-03-21 07:50 | 写真 | Comments(4)

武蔵野紀行10

            9で記したように谷保天満宮の森の中には誰も入っていなかった
            僕も森の神様を怒らすような事をしたくなかったのでもう一つある鳥居の周辺を
            歩くだけにしたら綺麗に澄んだ池を見つけた。その池にはカメや鯉、水鳥がいた
            水鳥は後ろ姿しか見えず振り向きもしてくれなかった。池を一周して戻ってみると
            いつの間にかいなくなっていた。水鳥がいた枯れ木にはカメがのんびりとしていた
d0185744_17173880.jpg
d0185744_17183476.jpg
d0185744_17191195.jpg
d0185744_17193157.jpg

            
   
            
            
d0185744_17294622.jpg
d0185744_17295783.jpg
d0185744_1730940.jpg

この池は神社の上からの湧水で昔は水の量も多かったが現在は地下水を汲み上げているとのこと
池からの水は小川となり神社の前を通り民家付近に流れていた。僕が子供の頃よく見た風景だった
by yaguchitenga | 2015-03-20 06:09 | 写真 | Comments(11)