タグ:三浦半島 ( 23 ) タグの人気記事

三浦半島の森へ15



                        三浦半島の写真は今回でラストです



d0185744_19005537.jpg

                      ようやく鷹取山の出口かと思ったら、まだ先の話で、この森を少し歩くと
                      又、魅力的な石切り場跡が現れた



d0185744_19044922.jpg
                      
                       この岩壁の向こうに何があるんだろう。寄ってみる事にした


d0185744_19145572.jpg
                      
                       呼ばれるように岩壁の間を抜けて行く


d0185744_19164884.jpg


d0185744_19173600.jpg
                      静寂で時が止まってしまったかのような空間に紛れ込んだ感覚になった


            
                      


                       

by yaguchitenga | 2017-04-10 05:55 | 写真 | Comments(8)

三浦半島の森へ14



                          朝の10時ぐらいに神武寺の裏参道に着き写真を撮り歩いて5時間、陽も傾いて15時を回り
                          神武寺から鷹取山の写真行脚も終わったので追浜駅への道を辿る事にした
                          その道すがらには鷹取山の石切り場跡が広がっていた
                          ロッククライミングは指定された場所でしか出来ないのでクライマーの姿はなく
                          辺りは静かだったのと駅までの時間は大丈夫そうだったので周囲を撮り歩いた
                          凝灰岩が現れている石壁は正確に切り取られて表面にはハーケン跡がハチの巣のように刻み込まれていた



d0185744_18343201.jpg


 
d0185744_18354637.jpg
                         
   

d0185744_18363740.jpg

    
d0185744_18383944.jpg


 
d0185744_18394623.jpg

                       夕暮れが生み出した光蜥蜴が岩肌を覆いつくしていた


                                   続く                                

by yaguchitenga | 2017-04-09 05:18 | 写真 | Comments(6)

三浦半島の森へ13



                         昭和40年以降、鷹取山周辺が住宅地として開発され岩場が公園として残され
                         彫刻家が山の一部に磨崖仏の弥勒菩薩像を掘った
                         ロッククライミングが許可されている岩場に展望台があり登って行くと
                         森の中に磨崖仏が見えた
                         磨崖仏はチベットのインド領ラダックや九州の大分県国東半島でも見た事があり
                         山岳仏教の素晴らしさを感じたが新しいとは言え壮大な磨崖仏だ
                         神武寺から鷹取山は鎌倉期は修行場として、明治から昭和初期まで石切り場として活用されて
                         歴史が移り変わり現在は神武寺から鷹取山のハイキングコースやロッククライミングの練習場となっている



d0185744_18290458.jpg
                       展望台から見た磨崖仏
 

 




d0185744_18302676.jpg
        
                      磨崖仏を近くで見ると俯瞰した時と違い、かなり巨大だった


d0185744_18341627.jpg
                       
                       エノシマキブシと磨崖仏


d0185744_18355697.jpg
                      
                      時代は変化しても祈る心は変わらない


                                           続く


 
                  

by yaguchitenga | 2017-04-08 05:10 | 写真 | Comments(10)

三浦半島の森へ12



                         やがて狭い山道が現れ周囲は森と切り立つ岩山に変化した



d0185744_18173093.jpg




d0185744_18182858.jpg


d0185744_18204319.jpg
                      この道が鷹取山への入口なのだろうか、胸がワクワクしてきた



                      
d0185744_18241908.jpg
                      切り立つ岩壁を抜けると鷹取山に到着した


                      鷹取山の地名の由来は太田道灌が鷹狩りに訪れたとか,高い場所を指す言葉に
                      「タカットー」という言葉があり,その後鷹取りとなり、この文字をあてはめたものとか伝えられている
                      山の地質は第三紀層の凝灰岩で柔らかく加工しやすい為、鷹取石の名称で建築材料に使用され
                      明治から昭和初期まで石切り場として採取されたそうである
                     切り立つ岩肌に無数の穴が見られるが採取が終了してから当時の若い登山者の練習用として
                     打ち込まれたハーゲンの跡で、岩が柔らかいので事故などが多発する為、現在は一部の石壁だけ
                     練習用として許可されている。この日も何グループかが練習をしていて必ず三浦市に許可をえなければいけないそうだ



  
 
d0185744_18255561.jpg

 

d0185744_18470135.jpg

                    
 
d0185744_18481854.jpg


 
d0185744_18490760.jpg

                      切り立つ岩山を見るとグランドキャニオンに立って写真を撮っているように感じた



                                 続く         

by yaguchitenga | 2017-04-07 05:13 | 写真 | Comments(8)

三浦半島の森へ11



                           道が少しなだらかになった。今まで難儀した奇岩だらけの道を振り返った




d0185744_17413633.jpg
 

d0185744_17424562.jpg
                      
                      道の斜面は浸食が激しい岩肌
                                    
                      大口を開けたような奇岩の穴から怪物が顔をだしていた
                      
  

  
d0185744_17493623.jpg


  
d0185744_17504520.jpg
                      
                       右側には冬枯れの森



d0185744_17523210.jpg

                      春空が眩しかった





                                        続く
                       

     
                      
                                              

by yaguchitenga | 2017-04-06 05:37 | 写真 | Comments(8)

三浦半島の森へ10



                             細い石門を通る抜けると鎖場が出てきた
                             鎖場がここ一番の難関のようだ
                             ところで9の記事で記事をご覧になったた方々のコメントから
                             あの石門と鎖場からわらべ歌の「通りゃんせ」を思い出した



                            通りゃんせ 通りゃんせ
                            ここはどこの 細道じゃ 
                            天神さまの  細道じゃ
                            ちっと通してくだしゃんせ 
                            御用のないもの 通しゃせぬ    
                
                            この子の七つのお祝に
                            お札をおさめにまいります
                            行きはよいよい 帰りはこわい 
                            こわいながらも  
                            通りゃんせ 通りゃんせ

                            鷹取山登り口には神社ではなく神武寺がある
                            この山一帯が女人禁制の修行場だったそうで昔はかなり荒々しかったのだろう
                            この、わらべ歌に共通点があると、ふと思った
                            行きはよいよい 帰りはこわい>と、歌詞にはあるが行きも帰りも大変だったのは云うまでもないが
                            昔は神の領域に踏み入れる事は相当の覚悟が必要だったのかも知れない



d0185744_18433553.jpg
                     
                       さて、この鎖場を通らなければ高取山の頂上には行けない
                       カメラリュックに機材をしまおうかと思ったがめんどくさいのと写真が撮れないかも>と、思い
                       三脚にカメラをつけたまま鎖場を通る事にした
                       写真は鎖場を伝う前に撮りました。しかし、三脚を肩に担いで登ったのは初めてだった


d0185744_18503561.jpg
                      
                      根っこや岩が動物の骨のようだ



d0185744_18532956.jpg
                     
                       鎖場を最初から伝うよりも木の根を踏んで途中まで行った方が良さそうだったので
                       周囲を撮った後この根っ子が張り出す道を選んだ



 
d0185744_18581414.jpg
                       
                       昔、悪い事をしてここを歩いた人間が神の怒りに触れて石にされたような奇岩



d0185744_19025025.jpg
                      
                       岩肌を這う光蜥蜴



d0185744_19045497.jpg
                       
                       エイリアン出現 と、、、思ったら


d0185744_19071372.jpg
                       
                       倒木した木の根だった。しかし不気味である


d0185744_19094570.jpg
                      
                       写真では分かりにくいけど鎖が隅っこに写っている
 


  
d0185744_19120531.jpg
                             
                      鎖場を登り切って撮った.午後の光が射す凝灰岩の岩肌が1時を過ぎたばかりなのに不気味に見えたし
                      日照りで乾燥してしまったようにも、月の表面のようにも見える

                     

d0185744_19201621.jpg
                       
                                   
                                  続く



                             
                 
                           

by yaguchitenga | 2017-04-05 05:12 | 写真 | Comments(6)

三浦半島の森へ9


                           8のモンクの叫びのような奇岩から少し歩いて行くと
                           巨岩の門にぶつかった。鷹取山や神武寺に行くには此処を通らなければ行けないらしい
                           大人一人しか通る事が出来ない巨石の間を抜けようとするも
                           表情豊かな巨石を見るとシャッターを切らずにいられない
                           人面岩のような造形の石達が「早くお通りよ」と言いたげに歓迎されているのか、追い払われているのか
                           言いようのない気持ちになった




d0185744_17522671.jpg

d0185744_17540718.jpg


d0185744_17555077.jpg


d0185744_17564117.jpg

                       巨石門を抜けると緑濃き樹林帯に出た


d0185744_18015048.jpg


                                続く
                                            
                      



   
                         

by yaguchitenga | 2017-04-03 05:43 | 写真 | Comments(14)

三浦半島の森へ8



                           鷹取山へ、ずんずん歩を進めて行くと、道から少し外れた場所に面白い奇岩を発見した





d0185744_17452746.jpg
                      像の鼻のような形の岩が遠くの方を指しているように見えた



d0185744_17483520.jpg
                      
                       像の鼻のような岩の手前に大口を開いて何か叫んでいる石


                      不思議な造形の奇岩の全体を撮った


d0185744_17505263.jpg
                       自然は芸術家だ。長い年月をかけて風化したのだろう

                       やはり道から外れた斜面伝いに面白い奇岩を見つけたので
                       必要なレンズだけを持ち、カメラリュックはハイカーさんの邪魔にならない場所に置いて
                       滑り落ちないように入って行った



                       
   
d0185744_18032967.jpg
                      
  
                                        
d0185744_18060451.jpg
                       寄りと引きの2枚を撮って、まだ面白い奇岩がありそうだったが
                       これ以上は危険と判断して戻る事にした
                       こういった場所は自己責任で入りました


                                       続く
                       
                                              
                       

                       
                              

by yaguchitenga | 2017-04-02 05:40 | 写真 | Comments(8)

三浦半島の森へ7


                         鷹取山の頂上を目指して歩いて行くと奇岩がゴロゴロしている場所に辿り着いた



d0185744_17224130.jpg
                      岩に、ドカッと腰を下ろす大木の姿がユーモラスだ



d0185744_17275314.jpg
                      色んな奇岩が木々と一緒に行く手を阻んでいるかのように見え
                      その付近には千畳敷の岩がドーンと構えていた



d0185744_17302082.jpg


d0185744_17313428.jpg
                      お昼頃の光が岩をキラキラ光らせているように感じた
                     
                      



  
d0185744_17382361.jpg
                      
                  でこぼこした怪石の道を歩いて行くと広葉樹林帯から冬枯れの風景へと変わった


                    
d0185744_17392943.jpg



  
d0185744_17443221.jpg
                       
                                          

                                 続く
                           
                                      
                       


by yaguchitenga | 2017-04-01 05:20 | 写真 | Comments(8)

三浦半島の森へ6



                          
   
d0185744_17275744.jpg


d0185744_17285455.jpg
                        
                       森の斜面の奇岩を撮っているとカニに似た怪石に出くわした
                       風化によるものだと思うが面白い造形だ

                       
                      まだ3月だというのに緑が綺麗だ


d0185744_17343251.jpg


d0185744_17375526.jpg
 

d0185744_17384431.jpg
                      険しい崖に立つ樹木の生命力

                      あれやこれやと目移りしながら撮って歩いていると急斜面の道が出てきた


d0185744_17430073.jpg


d0185744_17435750.jpg
                       
                      低山でこれだけの山道が出現してくるのだから流石に修険の道である

                        
                            続く




                         

by yaguchitenga | 2017-03-31 05:24 | 写真 | Comments(6)