タグ:森 ( 155 ) タグの人気記事

三浦半島の森へ5



                             神武寺から裏山へ入り鷹取山へ行く事にする
                             高取山への道は険しく、益々森が深くなった



d0185744_18015136.jpg

d0185744_18054938.jpg
                       森の中に石碑が立ち神武寺が収険の寺だったことが刻まれている
                       この寺は女人禁制の寺でもあったそうだ。それだけ修行が厳しかったのだろう



d0185744_18094031.jpg
                       
                      山道の真ん中に奇妙な造形の石が置かれていた。何かに使われていたのだろうか?


d0185744_18110076.jpg
                       左側だったか右だったか広がる森の間から巨岩が、ちらちら見えたので
                       森の斜面へ滑って落ちないように気をつけて入っていった


d0185744_18151646.jpg
                      
                      光蜥蜴が創り出した奇妙な生き物のような岩が折り重なって寝ているように見えた
                      光も影もない森だったら、このように想像はしなかったはずだ
                      他にも巨大な岩が、ごろごろしていて此処が石切り場だった事をうかがわせた


d0185744_18221977.jpg

d0185744_18243570.jpg


d0185744_18573934.jpg
                                  続く
                       

                                               
                         

by yaguchitenga | 2017-03-30 05:36 | 写真 | Comments(0)

三浦半島の森へ4



                 両側の寺守りの古木の間の石段を登って行き
                 山門をくぐると古木の木々が木漏れ日に佇んでいた
                 神武寺の歴史は古く源頼朝が北条政子の安産祈願で
                 訪れたりしたそうだ




 
d0185744_18243443.jpg
      
                
              神武寺の神木「なんじゃもんじゃの木」
              本当の名前は「ホルトノキ」と呼ばれ初夏に釣り鐘状の
              白い花を咲かせる

              
              アングルを変えてもう一枚撮る



d0185744_1829958.jpg



              神武寺で再会した木があった
              菩提樹だ。しかしブッダが菩提樹の下で瞑想した木とは
              違い中国原産の菩提樹だそうだ
              インド菩提樹はインドのブッダガヤの寺院で見て以来だ
              他にも千葉県の鋸山にインドから送られた菩提樹があって
              1度、再会を望み行った事があったのだが鹿の害で枯れて
              望みは叶わずにいたが国は違えど、されど菩提樹である


d0185744_18373289.jpg
 

              この木が神武寺の菩提樹だ
              立派な枝振りだった


d0185744_18385610.jpg



             木の名前は分からないが今にも動き出しそうな態勢だった
             根っこの辺りが馬の、ひづめに似ていた


 
d0185744_18422670.jpg




d0185744_18425717.jpg




            光蜥蜴が這いずりまわる庭

            綺麗な苔もあり充分に手入れされているようだった
            僕が訪れた時も庭師さんが忙しそうに働いていた
 

                                             続く

by yaguchitenga | 2017-03-29 05:18 | 写真 | Comments(6)

三浦半島の森へ3



                             山門を過ぎると巨大な疑灰岩があり真ん中には神武寺に繋がる急勾配の石段があって
                             登って行くとシダに覆われた岸壁の向こうに本堂があったが、その先は立ち入り禁止になっていた   
      


d0185744_18254743.jpg


d0185744_18263809.jpg
                      その先も石段があり登って行くと神武寺の晩鐘があった

  

d0185744_18423521.jpg
               
                      晩鐘を過ぎて歩いて行くと光蜥蜴と苔に覆われた石段があった
                      又、随分と登らされると思いながら歩いて行く



d0185744_19054829.jpg

d0185744_18480183.jpg

                       歩いて行くと古木の鎮座する岩の窪みに六地蔵があり周囲を見渡すと、左側ぐらいに石積みに立つ巨木があり
                       六地蔵と巨木の間に再び石段が現れた。山岳信仰とはこういう事なのかと思った
                       それと巨木の下に座る六地蔵を見ると写真集で見た事があったカンボジアのアンコールワットの
                       木が覆いつくした遺跡寺院を思い出さずにいられなかった



d0185744_18571536.jpg

                       この古木が寺守りをしているような感じを受けた
                       更に左側の古木にも視点が行った


d0185744_19001843.jpg
    
                       この先には何が待っているんだろう



                                        続く
                      





                   

by yaguchitenga | 2017-03-28 05:35 | 写真 | Comments(8)

三浦半島の森へ2

d0185744_18352303.jpg


                                 修行僧が辿った参道を上り詰めると神武寺の山門があった
                                 神武寺は森と疑灰岩に囲まれていて神奈川の逗子八景のひとつである



d0185744_18320851.jpg


d0185744_18333828.jpg
                       神武寺付近の古木たちが僕を出迎えた




d0185744_18441260.jpg
                      
                      数ある木々の中でひと際オーラを放っていた樹木をアングルを変えて撮った



d0185744_18481252.jpg
                      
                        


d0185744_18492327.jpg
                       
                 

                                              

                        続く
                                 
                                  

by yaguchitenga | 2017-03-27 05:26 | 写真 | Comments(4)

三浦半島の森へ1




             品川駅から京浜急行で神奈川の神武寺(じんむじ)駅で下車して由緒ある神武寺へ行き
                      明治から昭和まで石切り場だった鷹取山のコースを歩いた
                       何年か前にウエブで鷹取山の事は知っていたのだが紹介写真などが小さくて行く気になれずにいた
                       今回は偶然にも神武寺や鷹取山の紹介記事が詳しく掲載されていて面白そうな地だったので行ってみる事にした
                       最初の神武寺は裏参道が面白いと書かれていて中学校の脇を通り急勾配の道を歩いた




d0185744_18130738.jpg

どんどんと歩いて行くと早速の出迎え、切通しや森が現れた



d0185744_18145706.jpg

                       やがて小さな枯れたような沢になり、ぬかるんだ道を歩く事になったり
                       急勾配の苔むした岩道をあるいた 



d0185744_18241949.jpg
 


d0185744_18253161.jpg


d0185744_18270371.jpg


d0185744_18282673.jpg
                      
                       道の真ん中辺りに奇岩



d0185744_18294740.jpg

                       いやはや、こんなんで辿り着けるか心配になってきた



                                      続く

                      

by yaguchitenga | 2017-03-26 05:17 | Comments(8)

武蔵野紀行4




                 梅林を出て広大な芝公園の周辺を歩いた


d0185744_18112363.jpg
  


                芝東照宮の裏手にあった赤く色ついていた葉
                これはナンテンらしいのだけれど今時期に
                色ついていたのが不思議
                逆光で撮ったので赤が強調されて綺麗だった


d0185744_18154837.jpg


                
                梅林近くだったか芝東照宮の入り口付近に立派な
                枝垂れ桜があった。桜が咲いたら物凄く綺麗だろうな
                桜の時期に行ってみようかな


 
d0185744_18195878.jpg
  


                丸山古墳の傾斜地にある稲荷神社に射した光



 
d0185744_18225198.jpg


                ちょっとだけ丸山古墳に入ってみる


d0185744_18234876.jpg



                冬枯れの雑木林に広大な空
                東京で一番絶景スポットかもしれない


d0185744_18261013.jpg



                 芝公園の樹木


d0185744_18265923.jpg



                喉が渇いたので自動販売機に寄ってドリンクを買って
                歩き出したら小さい工場だか商店の真ん前に
                大きく枝葉を広げた樹木があった
                かなりの古木のようで南インドで見たレストランの
                真ん前に立っていたレインツリーを思い出した



d0185744_18322853.jpg




                          続く
                              
        
by yaguchitenga | 2017-02-20 05:08 | 写真 | Comments(4)

冬籠もりの森2

                 埼玉県寄居町は交通の要衝に当たり、上州や信州方面を望む
                 重要な地点で鉢形城は文明8年関東管領だった山内上杉氏の
                 長尾景虎が築城したと伝えられている


d0185744_18111311.jpg




d0185744_1811548.jpg

                 

                一通り、土塁とかの当時の遺構を見て回りながら
                城の内堀だった深沢川の四十八釜への入り口を探したが
                見つからず、いったん城址の外に出て近所の人に聞いたら
                深沢川は両側が絶壁になっていて入る事が出来ない>と
                教えて貰った。ウエブで見た四十八釜の写真はなんだったのだ
                そう思いながら再度、深沢川へ行く
                降りれる場所があったので入っては見たものの
                距離的に歩ける場所が少なく、あの写真は沢歩きをしながら
                撮ったものだと気付いた
                沢歩きの装備はしてなく見た限り水量は少なく夏頃にサンダルで
                歩けるかもと思ったが転んでカメラを水につけて
                壊してしまう可能性もあるし本格的な装備をしなければ
                写真を撮るのには難しい場所である
                今回は入れそうな場所や橋上からしか撮れなかったのは
                残念だけど安全性を考えると仕方ないと思った
                深沢川の写真は次回にして川淵の森を少し紹介しました
                
                
                そして城址の森と川を撮った後、橋上からの荒川を撮り
                行く前に荒川の河原に降りる道を観光案内所で聞いていたので
                教えられた通りに歩いて行くと公園があった
                その公園は七代目松本幸四郎別邸があって現在は
                雀宮公園と呼ばれる公園になっていた
                七代目松本幸四郎と云うと「鬼平犯科帳」の人なのだろうか
                歌舞伎の事は興味がないので、そのままスルーして
                降りれる場所を探して入ると森が広がっていた
                行ける場所を探したが、時間が掛かりすぎるので
                周囲の森を少しだけ撮って出る事にした
                久々に行くと、こんな発見があって面白いと思った


d0185744_18461671.jpg
     



d0185744_18464868.jpg



               冬の光線が光と影を作り出していた
               時間的に4時前なので、このような風景が見られたんだな
               

               次回は深沢川の風景です 
                  
                
                




     
                  
by yaguchitenga | 2017-01-16 05:05 | 写真 | Comments(6)

冬籠もりの森1



                  埼玉県寄居に流れる荒川
                  此処は名水の里として知られていて何回か行っている
                  その頃は荒川の断崖絶壁に造られた鉢形城跡の
                  存在は知らず県指定名勝の玉淀や荒川の支流の
                  風布川(ふうふかわ)などを撮り歩いていた
                  今回はネットで鉢形城跡を知り、城の内堀だった深沢川の
                  渓谷と森を撮りに20数年振りに訪れた
                  最初は鉢形城跡に広がる森です



d0185744_17293853.jpg
  



d0185744_1730149.jpg

          


d0185744_17303241.jpg



d0185744_17311382.jpg




d0185744_1732789.jpg




d0185744_17325791.jpg




d0185744_17333216.jpg




                                 続く
by yaguchitenga | 2017-01-15 05:10 | 写真 | Comments(8)

武蔵野紀行11



d0185744_10333998.jpg



                  大きな松の木の下で佇む二人
                  誰かを待っているのだろうか


d0185744_10353636.jpg



                 森の小径のベンチに座って読書をする外人女性


d0185744_10512472.jpg



d0185744_10515769.jpg



                広大な御苑には巨木が良く似合う



                          続く
by yaguchitenga | 2016-12-11 05:31 | 写真 | Comments(6)

武蔵野紀行5


 
d0185744_18173711.jpg




d0185744_18182586.jpg



d0185744_18191276.jpg



                 クスノキだろうか?皇居関係者の詰め所か何かで
                 立ち入り禁止になっていて近くで見れなくて残念だった

d0185744_18224914.jpg



                 天守台に植えられていた立派な松の木
                 東丸御苑には松が沢山植えられているけど
                 何か意味でもあるのだろうか
  
                   
                 天守台から二の丸庭園に行こうと場内にあった案内図を
                 見たら何時の間にか通り過ぎていて
                 時間はたっぷりあると思い戻り始めた時に光に輝く竹林が
                 あり、いつも見る竹と違っているので、タグを見たら
                 「キンメイモウソウチク」と書かれていた


d0185744_18333237.jpg




d0185744_1834665.jpg




d0185744_18343286.jpg

 

                「キンメイモウソウチク}は中国の江南地方から渡来した
                 モウソウチクの変種だそうだ
                 斜光に輝いて綺麗だった


d0185744_18545971.jpg
 


                 その近くでナンテンの実を見つけた

          
                          続く
by yaguchitenga | 2016-12-05 05:08 | 写真 | Comments(6)