タグ:武蔵野 ( 450 ) タグの人気記事

武蔵野紀行63



大滝から清泉池、そして小さい沢沿いを写真を撮りながら帰る事にした



d0185744_19271008.jpg


小滝

d0185744_19295160.jpg




d0185744_19304352.jpg



清泉池に映る森の緑



d0185744_19324483.jpg




d0185744_19354713.jpg



模倣した沢沿いを歩いていると自然の中を歩いているような錯覚になった



d0185744_19403794.jpg




d0185744_19425786.jpg



d0185744_19444242.jpg




続く



by yaguchitenga | 2017-11-08 05:20 | 写真 | Comments(10)

武蔵野紀行62



ニューオータニの日本庭園の最大の見所は
ナイアガラの滝を模倣したような大滝だ
大滝は高さが6mあり結構な重量の組み石を使用して見事な景観を見せている
大滝が落ちる清泉池から小川になって日本庭園の周囲を流れている
大滝の後次回は周辺を流れる小川の風景写真を記事にします
人口の川には見えない景観を見せてくれていました



d0185744_19394840.jpg



d0185744_19404600.jpg



d0185744_19414776.jpg



d0185744_19433153.jpg



d0185744_19461971.jpg




続く





by yaguchitenga | 2017-11-07 05:49 | 写真 | Comments(8)

武蔵野紀行61



池の後方に置いてあった枯れ木


d0185744_18301854.jpg




d0185744_18303513.jpg




d0185744_18310586.jpg



まるでアートだ


d0185744_18320743.jpg




d0185744_18324652.jpg



主張する枯れ木と奇石



続く




by yaguchitenga | 2017-11-06 05:28 | 写真 | Comments(10)

武蔵野紀行60



日本庭園を歩いていると数は少ないが
日本庭園を彩る花が咲いていた



d0185744_16525726.jpg




d0185744_16594079.jpg



d0185744_17002902.jpg


d0185744_17011249.jpg


d0185744_17014480.jpg



d0185744_17084986.jpg



枯山水



d0185744_17100459.jpg



加藤清正公の屋敷だった頃からあった木の根が、そのまま化石になった石
歴史のロマンを感じるなぁ



続く







by yaguchitenga | 2017-11-04 17:16 | 写真 | Comments(10)

武蔵野紀行59





d0185744_18035605.jpg



清泉池に掛かる太鼓橋を渡ると




d0185744_18055135.jpg



池のほとりにススキが生えていた



d0185744_18071670.jpg



穂が開く前は赤い蕾?なんだな
初めて見た。穂がひらいたばかしだと新鮮に見える


d0185744_18102548.jpg




d0185744_18112044.jpg



清泉池を優雅に泳ぐ鯉
激しさから優しい風景へと変化ある庭園も格別である


続く




by yaguchitenga | 2017-11-03 05:01 | 写真 | Comments(10)

武蔵野紀行58





雲が太陽を隠して光が消えた
WBを曇りモードにしたら飛び石や灯籠の色あいが抑えられて地味な色あいになった
このような色の感じも好きだ



d0185744_18311685.jpg




d0185744_18324780.jpg




d0185744_18364828.jpg



そろそろ日本庭園に行こうと丘を下る




d0185744_18440399.jpg



再び太陽がを現して赤い橋の欄干に光が射した
廻りを暗く落として赤を強調した



d0185744_18500289.jpg



日本庭園に通じる太鼓橋



d0185744_18552205.jpg



d0185744_18563743.jpg



太鼓橋の脇に立派な庭石があった赤玉石と呼ばれる佐渡の金山から運ばれた赤玉石に眼が引かれた
この石を砕くと金がでてくるそうで昔は庭石や金が目当てに産出され過ぎ量が減って
現在は門外不出になった


d0185744_19112761.jpg



別の場所で見た赤玉石
赤玉石の他にも群馬の三波石など名石があるそうだ
赤玉石を見た時思い出したのが5年前に行った広島県福山市鞆の浦の
離島、仙酔島の5色岩だ.岩礁海岸にあり日本では、此処でしか見られない貴重な奇岩だ

その記事はコチラから見られます

http://yaguchiten.exblog.jp/17561000/


続く





by yaguchitenga | 2017-11-02 05:38 | 写真 | Comments(4)

武蔵野紀行57

森の中に南北朝・鎌倉・江戸時代の灯籠が点在し
斜面や石段の脇の石垣や怪石・奇石が光と影によって変化して行く様子を見ると
飽きる事が無く時を超えても朽ちらず存在してきた物達に敬意を表したい



d0185744_19223988.jpg




d0185744_19232962.jpg




d0185744_19241810.jpg


石段を登って行くと脇に苔むした石垣やインパクトのある表情の奇岩などがあって
僕の五感がますますオープンになって行く
オープンマインドになったのはインドの旅をして以来の事かも知れない



d0185744_19342333.jpg


d0185744_19350412.jpg


d0185744_19361102.jpg



d0185744_19370830.jpg


by yaguchitenga | 2017-11-01 05:12 | 写真 | Comments(8)

武蔵野紀行56



日本庭園へ行こうと思うのに森に巣くう光蜥蜴に捕獲されて
身動きを取れなくされたような感じになったようだ



d0185744_19255054.jpg




d0185744_19275907.jpg




d0185744_19300889.jpg




d0185744_19313412.jpg




d0185744_19331908.jpg





d0185744_19342363.jpg




続く


by yaguchitenga | 2017-10-31 05:17 | 写真 | Comments(6)

武蔵野紀行55




日本庭園に繋がる道は鬱蒼とした森と奇岩怪石が点在していた


d0185744_18410553.jpg



赤茶けた石は赤玉石と呼ばれていて佐渡島の金山より鉾ばれた高価な庭石だそうだ



d0185744_18471389.jpg



d0185744_18475229.jpg



両手を広げたような大木に寄り添うように
浸食されてぽっかりと穴が開き座していた奇岩



d0185744_18542823.jpg


その奇岩に光が射し怪物の顔のように見え今にも動き出しそうだ



d0185744_18595928.jpg




d0185744_19003902.jpg



続く


by yaguchitenga | 2017-10-30 05:42 | 写真 | Comments(6)

武蔵野紀行54




紀尾井町の由来は四ツ谷の江戸城外堀に
屋敷を構えた紀伊・尾張・井伊家の頭文字を取って後に名付けられたのだそうだ



d0185744_18312631.jpg



斜面に広がる森や江戸期からあったとされる灯籠を
日本庭園へ向かう道すがらに撮る




d0185744_18351735.jpg




d0185744_18365004.jpg



撮ってから日にちが経っていてこの物体が樹木の根か怪石か
恥ずかしい話だが現在は判別出来ないでいる
でも、怪石か樹木か解らないのも江戸期からずっと逞しくそだったせいもあるのだろうか


古木の紹介記事にあった天明年間(1780)から生育している推定年齢220年の
イヌマキと出会った。注意事項として公衆トイレの女子トイレの前に立っているので
気を付けるように、と、あったが侵入しなければ良い話で女子トイレを撮るような趣味は御座いません
此処に行く時おばちゃん達ばかりがトイレに入って行っていたけど
お構いなしに撮った。もし何か云われれば「古木を撮っています」と云えば良いし
古木が立つ場所に公衆トイレがあるのは変だ
どがんもこがんもならんやったとかね(そのまんま東風に)

d0185744_18422300.jpg



それにしても窮屈そうで可哀そうだし撮りにくく感じた



d0185744_18572170.jpg



幹部分に良い光が射していた



d0185744_19003289.jpg



イヌマキとカヤ、どっちが、どっちだか分からないけど
両方とも樹齢230年だそうだ


続く


by yaguchitenga | 2017-10-29 05:26 | 写真 | Comments(6)