タグ:武蔵野 ( 462 ) タグの人気記事

武蔵野紀行55




日本庭園に繋がる道は鬱蒼とした森と奇岩怪石が点在していた


d0185744_18410553.jpg



赤茶けた石は赤玉石と呼ばれていて佐渡島の金山より鉾ばれた高価な庭石だそうだ



d0185744_18471389.jpg



d0185744_18475229.jpg



両手を広げたような大木に寄り添うように
浸食されてぽっかりと穴が開き座していた奇岩



d0185744_18542823.jpg


その奇岩に光が射し怪物の顔のように見え今にも動き出しそうだ



d0185744_18595928.jpg




d0185744_19003902.jpg



続く


by yaguchitenga | 2017-10-30 05:42 | 写真 | Comments(6)

武蔵野紀行54




紀尾井町の由来は四ツ谷の江戸城外堀に
屋敷を構えた紀伊・尾張・井伊家の頭文字を取って後に名付けられたのだそうだ



d0185744_18312631.jpg



斜面に広がる森や江戸期からあったとされる灯籠を
日本庭園へ向かう道すがらに撮る




d0185744_18351735.jpg




d0185744_18365004.jpg



撮ってから日にちが経っていてこの物体が樹木の根か怪石か
恥ずかしい話だが現在は判別出来ないでいる
でも、怪石か樹木か解らないのも江戸期からずっと逞しくそだったせいもあるのだろうか


古木の紹介記事にあった天明年間(1780)から生育している推定年齢220年の
イヌマキと出会った。注意事項として公衆トイレの女子トイレの前に立っているので
気を付けるように、と、あったが侵入しなければ良い話で女子トイレを撮るような趣味は御座いません
此処に行く時おばちゃん達ばかりがトイレに入って行っていたけど
お構いなしに撮った。もし何か云われれば「古木を撮っています」と云えば良いし
古木が立つ場所に公衆トイレがあるのは変だ
どがんもこがんもならんやったとかね(そのまんま東風に)

d0185744_18422300.jpg



それにしても窮屈そうで可哀そうだし撮りにくく感じた



d0185744_18572170.jpg



幹部分に良い光が射していた



d0185744_19003289.jpg



イヌマキとカヤ、どっちが、どっちだか分からないけど
両方とも樹齢230年だそうだ


続く


by yaguchitenga | 2017-10-29 05:26 | 写真 | Comments(6)

武蔵野紀行53



武蔵野の地の利を生かした江戸期の風情が心地良かった




d0185744_19171183.jpg



d0185744_19175230.jpg




d0185744_19184767.jpg




d0185744_19193036.jpg




続く


by yaguchitenga | 2017-10-28 05:09 | 写真 | Comments(8)

武蔵野紀行52



なだ万山茶花荘の周辺風景



d0185744_18583257.jpg



竹垣の木漏れ日が良い感じ



d0185744_19001274.jpg



前日の雨で濡れているのか、営業前に打水をしたのか分からないけど
濡れた情景が格別だ
特に苔の濡れ具合が又良し



d0185744_19035291.jpg



濡れた飛び石



d0185744_19053112.jpg



濡れた飛び石が光っていた
それに適度な湿り具合である



d0185744_19093147.jpg



なだ万山茶花荘の風情が気に入って帰りも撮った
昼光の木漏れ日が竹垣に射し
朝と違う光が格別な味を出してくれた



d0185744_19143362.jpg


d0185744_19154018.jpg



なだ万の風情を見ていると
テレビ時代劇の鬼平犯科帳を思い出す
張り込みを辞めて冷酒を、いっぺい飲みたいもんだなぁ







d0185744_19203210.jpg



d0185744_19214314.jpg



d0185744_19231160.jpg


晄に酔っぱらっちまったぜ
あら、これから軍鶏鍋を出しますのに
と云う、会話が聞こえて来そうな昼下がりだった

なだ万の風景はまだ続きます


by yaguchitenga | 2017-10-27 05:55 | 写真 | Comments(8)

武蔵野紀行51



古木を検索していたらニューオータニ東京の古木に辿り着いた
更にニューオータニを検索したら江戸時代より続く名所だった事が分かった
この庭園の歴史は400年と古く加藤清正の下屋敷があり
その後井伊家に引き継がれ幕末まで中屋敷として使用された
幕府が倒れた後皇族の伏見宮家の所有となり樹木に包まれた庭園となり、世界大戦を経て
伏見宮家からニューオータニの創始者に渡り邸宅となった
やがて戦後の東京オリンピックの為にホテルニューオータニを建設し
江戸時代から続く庭園を整備して現在に至っている
庭園は珍しいモノを所有していて10月上旬の日曜日に行って来た


四谷で下車して案内板通りに行くと高級ホテルと名高いニューオータニが立っていた
普段高級ホテルには縁が無いので、少し不安になったが
まあ、無料で日本庭園を見る事が出来るし館内に入らなければ良いので大丈夫だと思った
庭園に通じる道へ進むと神社の森や由緒ある庭園に行くとヒンヤリと感じるのだが此処もそうだった



d0185744_18505041.jpg




d0185744_18513170.jpg



最初感じたヒンヤリは何処えやら何時の間にか暑くなって来た
もう10月だぜ



d0185744_18541164.jpg



日本庭園に向かう途中に立派な庭石があり看板には、なだ万山茶花荘と書いてあった
初めて聞く名前で懐石料理屋だそうである
高いのだろうと思いながら風情あるなだ万の風景を撮る事にした



d0185744_18584408.jpg








d0185744_18595687.jpg




d0185744_19011703.jpg




d0185744_19021753.jpg




d0185744_19030389.jpg




d0185744_19034339.jpg



なだ万は天保元年の創業で庭石や竹垣に歴史的風格が漂っていた



続く


by yaguchitenga | 2017-10-26 05:20 | 写真 | Comments(8)

武蔵野紀行50



ネットで面白いニュースとか見ていたら市ヶ谷の市谷亀岡八幡宮に
銅製の鳥居がある事を知って8月下旬頃に行って来た
行ってみると物凄い階段を上る事になった



d0185744_18031640.jpg



でも5年前に行った和歌山の熊野神社へ行く坂道や階段の方がきつかったから
屁でもないと思って上ったけど暑さにほとほと参ってしまった
やはり神様に会いに行くのだから当然かも知れないが
建立された江戸時代は現代よりも江戸には武蔵野台地独特の山や谷が多くて
お参りするのも楽ではなかったはずである。参拝も願いを叶える為の修行だったのかも



d0185744_18073735.jpg



一息入れて珍しい鳥居を撮る
鳥居は文化元年に建立した高さ5mの銅鳥居で新宿区内ではこの神社だけだそうだ



d0185744_18232454.jpg



柱には442人の寄進者とその職業が刻まれている



d0185744_18282041.jpg



銅製の鳥居を見て30年以上前に故郷の佐賀県有田にある
陶器の神様を祀った陶山神社に陶器製の鳥居があった事を思い出した
その後ポジフイルムを探したのだが見つからず紛失したらしい
銅製の鳥居が珍しかったので比べてみようと思ったけど残念である


















by yaguchitenga | 2017-10-18 05:25 | 写真 | Comments(6)

武蔵野紀行49




下町資料館を出て上野公園を駅まで、ちょっとぶらぶらした時に見つけた大木の根っ子



d0185744_20091670.jpg




d0185744_20095086.jpg



まるでエイリアンだった


by yaguchitenga | 2017-10-17 05:05 | 写真 | Comments(6)

武蔵野紀行48

他にも、嗚呼懐かしいなと云うモノがあった
五右衛門風呂である



d0185744_19181657.jpg



五右衛門風呂は母親の実家にあって、こちらは鉄釜のように見えるが
母親の方は確か石釜だったような、無いような
底は熱いので風呂に合わせた板敷を沈めて入る
何故そうするのか疑問になったので聞くと暑いからと云われたので
ホントに熱いのか試したらマジ熱かった
なんで江戸風味の五右衛門風呂があったかと云うと
亡くなった祖父が大分県の日田市で江戸時代の儒教の先生のガイドを市役所に頼まれて生家に住んで生活していたのだ
話が長くなるので6年前に母親の元実家件儒教の先生の住まいを物凄~く久々に
訪問した。現在は誰も住んでなくてガイドの方が儒教の先生の事を説明している
懐かしかったけど、がら~んとしていて少し寂しかった
その記事はコチラ

http://yaguchiten.exblog.jp/14876710/



d0185744_19362215.jpg


かまど、これは昭和じゃなく大正時代だろうと思う
かまどにマキをくべて煮炊きをするようになっていて長屋の人が共同で使用していた
上の五右衛門風呂もマキを焚いて沸かしていたし
僕の二度目の家の借家の風呂もマキで沸かしていた
4度転居しているが3度目~4度目はガス風呂になった
3度目はアパート住まいで最初の頃は珍しく感じた
ちなみに、かまどの事を「へっつい」とも言うそうだ
この前BSで見た落語の演目「へっつい幽霊」で知った


d0185744_19472094.jpg


浅草などを走っているから人力車はご存じだと思う
現在の人力車の値段は3000円だそうだが明治から大正の値段はいくらだったんだろう
インドのコルカタにも走っているが車道には出れないのでストリート周辺を流している
3度目のインドでコルカタに寄った時、数は前よりも減っていた
人力車は昔日本がインドに輸出したそうで
そのj人力車が今でも残っている。ただ、数が減って来ているので何時絶滅するか分からない
僕は2度目のインド、コルカタでリキシャのオヤジと仲良くなって
オヤジを乗せて引っ張ってみたが、うんともスンとも動かなかった
周りのインド人達は、それを見て大笑いしていた
リキシャマン達は浅草で見かける人力車の兄さん達より痩せていて
何処にリキシャに人を乗せて走る体力があるのかと今思っている
引くコツがあるのだろうか、彼らは何時もハダシで走っていた
ちなみに浅草とか東京の観光地では女性も人力車を引っ張って歩く姿を見るが
大した体力である。昔、スポーツをやってたんだろうかね


d0185744_20023762.jpg



空襲時の避難訓練のポスター
このマスクって一体?
竹槍訓練と同じでな~んの役にも立っていないと思う
でも大変だったんだろうね


d0185744_20060765.jpg



祭りの縁日で見かけたゲーム機。多分スマートボールの子供向けだったように思える
4度目の時転居したのが佐賀県の温泉町だった
大阪の写学から帰省した折り中学生時代の仲間と夜温泉街に行って
スマートボール屋に行って遊んだ事があるが
これってスマートボールも20歳じやないとダメだったんだっけ?
でも高校卒業して、すぐパチンコやったけど何も云われなかった
昭和って大らかな時代だったんだなあ
ちなみに高校卒業して当時話題になった「エマニエル婦人」を見に行ったけど
受付の人に「君、歳は?」と聞かれ「卒業しました」と言ったら入場させてくれた
何ていい加減なんだろ、見る方も見る方だが入場させる方もさせる方だ^^




d0185744_20214981.jpg


ラストは駄菓子屋です。カラーにしたのは色が綺麗だったから
この陳列されてるお菓子で知っているのはグリコキャラメルと明治キャラメルだけだ
もしかしたら見逃したのかな
でも、チューブ入りのチョコレートは無かったし、粉末ジユースも見かけ無かった
ガチャガチャも無かったな
今でもあるガチャガチャだがお菓子類を全く見ないのに気が付いた
殆どがミニチュアモデルなのである
僕の時はボール型のガムだったかな


続く










by yaguchitenga | 2017-10-16 05:15 | 写真 | Comments(8)

武蔵野紀行47



下町風俗資料館の付設展示場の旧吉田屋酒店に行った1週間後に
上野公園内にある下町風俗資料館を訪れた
大正から昭和までの長屋からテレビが普及し始めた昭和の風景を見たくなったのだ
上野公園にには何度も行った事があり資料館は知っていたが素通りしてしていた
これも雅叙園の百段階段のイベントが、きっかけで
もう一度昭和の木の香りのする家を見たくなったのだ


大阪の写真学校に入学が決まった時に初めて買った写真雑誌のアサヒカメラに
篠山紀信が「家」と云うタイトルで古民家の内部の写真を発表していた
それまで篠山紀信の名前を知ってはいたがアイドル雑誌の専属カメラマンで
主に表紙写真を担当していて名前が目次に出ていたので知っていただけだったが
アイドル以外の写真を見たのも初めてだったし
バイタリテイ溢れる「家」の写真に釘付けになり,その後、彼の写真を、あらゆる媒体で見る事になった


d0185744_16462740.jpg


d0185744_17004590.jpg



復元された昭和の家の内部
僕が生まれた時、言葉が上手く喋れるようになった時にはテレビがあったが
電話は中学になってからだった
そんな小さい時の記憶で覚えているのが「小人プロレス」だった
小人がプロレスをしているのに驚き興奮しながら見ていたけど
何時の間にか放映がされなくなった
後に知った事だが差別に繋がるという理由で打ち切りなったそうだ
元々は女子プロレスの前座試合で、試合を見に行かない限り彼らを見る事が無くなった
すっかり小人プロレスの事を忘れてしまったある日にお笑い番組に
小人レスラーが出て来て飛んだり跳ねたりしていた
差別問題が根底にあるのも寂しい話で彼らは、ハンデイを乗り越えて仕事をしているのにと
この間も彼らが出ていた番組を見て改めて思った
ちなみに現在は跡継ぎが無く二人しか小人プロレスラーがいなく絶滅しかけているのだそうだ
ラジオは父親の野球を聞くための必需品で必ずテレビとラジオを付けていた
なのでうるさくて仕方がなかった。野球の季節が終わると、ほっとした
ラジオは中学生から深夜放送を聞きだした
写真にあるようなラジオではなく新しく買って貰ったお洒落なラジオである


d0185744_17172783.jpg


東京オリンピックを小学校の家庭科室か何かで見た事がある
先生がテレビの扉を重々しく開いていた
カラーになったのは僕が中学生の時だった
テレビ横のミシンは足踏み式で小学校の家庭科でミシンの授業があったので
母親からやりかたを教わった



d0185744_17250792.jpg

右にあるのは炊飯器で僕の家と同じ型だったかな



d0185744_17270669.jpg


下駄も見なくなった。散歩に行く時の大人のアイテムだったような気がする



d0185744_17354894.jpg



ちゃぶ台
よくテレビドラマでひっくり返されていた



d0185744_17383034.jpg



汲み取り式トイレ
左にあるのはトイレ用の水タンク?
僕の子供の頃の家は農家の借家で外にトイレがあって
トイレから手が出てこない様に祈っていた
行くまでの通路の電気が暗くトイレ内も暗かったからだ。冬の夜は、めちゃ寒かった
水は直接落ちると、びちゃびちゃになるので
外に落ちる仕組みになっている


d0185744_17465631.jpg



土間に落ちるようになっていたが
家は外にあったので土間がびちゃびちゃになる事はなかった


d0185744_17511323.jpg



僕の家は借家だったので家の前にある大家さんのお風呂を貰っていた
冬は沸かさない時もあったが夏は大変なので
両親の知り合いの家にお風呂を借りに行っていた
街灯が暗く懐中電灯で道を照らしながら歩いて貰い風呂をしていた
今時こんな街灯が無いと思うし
こんな街灯で一人で歩けと云われたら泣き叫ぶだろう
それだけ夜が怖かった
でもその分、星が綺麗に見えていた
その後、家を越して、また借家だったが風呂付だったので嬉しかった事を覚えている



続く


by yaguchitenga | 2017-10-15 05:29 | 写真 | Comments(8)

武蔵野紀行46

寛永寺の初代住職は徳川家康の右腕と云われた天海で織田信長に焼き討ちにされた比叡山延暦寺の僧侶を務めていた
なので西の比叡山延暦寺を見たて山号は東叡山寛永寺の山号を持っている




d0185744_18141926.jpg




d0185744_18151741.jpg


灯籠に装飾された睨みを効かせた龍と角にに展示してあった鬼瓦

d0185744_18162758.jpg




d0185744_18171938.jpg



寛永寺は江戸・東京の鬼門だと言われて
彰義隊によって破壊されてはいるものの明治に入り再建された
第二次世界大戦の戦災を免れたのも
邪気を払うと言われる龍や鬼瓦の加護かも知れないと思った


続く


by yaguchitenga | 2017-10-14 05:00 | 写真 | Comments(4)