タグ:武蔵野 ( 313 ) タグの人気記事

武蔵野紀行4


               午後の光が創り出す光と影



d0185744_7402960.jpg




d0185744_741386.jpg



                骨太の樹木

d0185744_7422793.jpg



                全身を入れて、もう一枚

d0185744_7441240.jpg



d0185744_7445238.jpg



                空に向かって光を求めて伸びて行く
                

                               続く
by yaguchitenga | 2016-12-04 07:47 | 写真 | Comments(6)

武蔵野紀行3


                   東丸御苑に広がる森を撮り歩いた
                   


d0185744_16341869.jpg







d0185744_16352263.jpg




d0185744_1637850.jpg




d0185744_16374214.jpg



                   二本のケヤキの紅葉


d0185744_16403950.jpg



                   カリンが、たわわに実っていた
                   のど飴の原料にもなっているが秋の季節に実る事と
                   実物を見たのは初めてだった

d0185744_16452766.jpg
  

                   久しぶりに見た、シュウメイギク
                   何年か前に見て、それ以来見なかった



       
by yaguchitenga | 2016-12-03 05:32 | 写真 | Comments(8)

武蔵野紀行2

                    武蔵野台地の東端に太田道灌が築いた江戸城を
                    後に家康が秀吉の命令で入城し改築などを施し
                    徳川家の居城となり近世に皇居に改められた
                    江戸城では石垣を多く見る事が出来るが
                    伊豆半島から切り出され船で送られたもので
                    関東で石垣を多用しているのは江戸城と小田原城だけだ
                    それにしても、念入りに計算して切り出して石を
                    積み上げたものである。このような石垣を発案した
                    設計者は余程、頭がよかったのだろうと思う


   
d0185744_22235766.jpg
   
                 
                 天守台近く近くの石垣に射す黄色い光


d0185744_2225389.jpg
     


                  
天守台 精密に作り上げたもんだなあ
d0185744_2231488.jpg


                  下から天守台を見上げたら下界を見下ろしているかのように
                   たっていた松


d0185744_22281857.jpg


                午後3時の太陽がより斜光し、青い影を作り出した



         続く
by yaguchitenga | 2016-12-02 05:37 | 写真 | Comments(10)

武蔵野紀行1

                  
                 
                  ブログに皇居の記事を書いておられた方がいて
                  何年か前の梅雨時期に北の丸公園に出かけたのを
                  思い出した、まだ東丸公園には行った事が無かったので
                 11月初旬に 歩みの、のろい亀のように紅葉が始まりかけた
                  東丸公園に昼過ぎに出かけた。秋の低く斜光線の光の中で
                  撮りたかったのと何時も朝早く撮りに出かけていたので
                  上記した亀のようになって、のほほんと出かけてきた
                  立派な大手門をくぐり入場者バッチを受付で貰い
                  進んで行くと百人番所なるものが現れた


d0185744_17364327.jpg



d0185744_17371011.jpg



                 百人番所とは家康の命令で江戸城を警護する
                 現代でいえば、ザ ガードマンであり、守衛みたいなものだ
                 この百人番所の警護が驚いた事に子供の頃よく見ていた
                 忍者達だったのだ。忍者と云っても武士集団であり
                 侵入者に大して忍術を使う事もなく江戸城周辺を警護する
                 与力・同心達だったそうだ
                 ただ幕府転覆を狙って侵入する愚か者はいなかったはずで
                 昼夜の見回りは、さぞ退屈だったに違いない
                 この武士達が服部半蔵を頭とする(本当に実在してた)
                 伊賀組・よくテレビでは悪役忍者として登場してた
                 根來組・甲賀組で後は鉄砲組の二十五騎組で
                 構成されいたそうだ

                 江戸城と江戸の平安を守っていたんだね


                           続く
           

                   
                 
                      
       
                    
               



               
                  


        
  
by yaguchitenga | 2016-12-01 05:05 | 写真 | Comments(8)

東京スナップ1

             
                本郷給水所公苑から帰っていたら神社を見つけた
                街中にお堂があるのが面白くスナップした
                
                 
                このお堂は神社ではなくお寺のお堂で薬師如来を
                祀っているそうだ                    
                
              薬師如来を調べたら病気を治癒する仏様とのこと                  
               今回初めて薬師如来の後利益を知った                  
            



d0185744_1142524.jpg

               
             此処は魅力がある街だと思った
             東大に広がる自然や本郷の坂道や谷間など武蔵野台地の特徴を
             活かした街だからだ
               
by yaguchitenga | 2016-11-06 06:25 | 写真 | Comments(8)

武蔵野紀行2



                給水所公苑にはバラが咲く洋風庭園の他に
                武蔵野の雑木林を模した和風庭園がありバラを撮った後に
                少し散策した


d0185744_710077.jpg




d0185744_7101917.jpg


                ハナミズキが
                他の落葉樹よりも一足早い紅葉
                いつも10月ぐらいから始まるのでハナミズキの紅葉で
                秋の到来を感じる
                ハナミズキに実がなるのも今回初めて知った事だった


d0185744_7145877.jpg


               同じく秋の到来を真っ先に教えてくれるススキも綺麗だった
by yaguchitenga | 2016-11-04 07:07 | 写真 | Comments(6)

武蔵野紀行1



                 武蔵野の本郷台地に造られた東京都水道局が管理する
                 本郷給水所公苑に秋バラが咲いているとネットで知ったのと
                 水道局が造った公園が珍しいと思い行ってきた
                 ただ秋バラはこの秋の長雨のおかげで満開とはいかず
                 西葛西の総合公園と同じく終わりを迎えていたようだった



d0185744_1813990.jpg
          
                 
d0185744_1815888.jpg



d0185744_1825613.jpg

by yaguchitenga | 2016-11-03 05:43 | 写真 | Comments(6)

武蔵野紀行5


               写真を撮り終わり広徳寺で出会ったおじさんに
               武蔵五日市駅への道を教わっていたので、その通りに歩いて行くと
               秋川にかかかる橋に出た。秋川の斜面には見事なほどの
               キバナコスモスが咲いていた。橋を渡り秋川の河川敷に出れる
               場所を探したが見つからず道路側から撮る事にした
               車がひんぱんに通っていたので撮りにくかったけどね



d0185744_18323614.jpg

          
d0185744_1833117.jpg


              キバナコスモスに元気を再び貰って武蔵五日市駅に急いだ
           
by yaguchitenga | 2016-09-26 05:22 | 写真 | Comments(4)

武蔵野紀行4

                   広徳寺の写真を撮っていたら散策していたおじさんが
                   「良い写真撮れましたか」と声を掛けてきたので
                   「ハイ、まあまあです」と返事してから
                    「此処からバス停は、どう行けば良いのでしょうか」と
                   尋ねたら「何処から来たの」と聞かれたので
                   「八王子の今熊山のふもとの金剛滝を撮って
                    降りて来たんですよ。此処も八王子ですよね」と聞くと
                   「今熊山は知らないけど、八王子じゃないよ
                    あきる野市だよ、峠を越えて、ここまで来たの?」
                   あきる野市は武蔵五日市がもより駅で、その駅の道順を
                   教えて貰った。後で調べてみると八王子の今熊山が
                   あきる野市との境に位置していて、まさか八王子から
                   武蔵五日市の近くに出て来るとは思わなかった
                   
                   それにしても、また30分も武蔵五日市駅まで歩くのかと
                   思うと、とほほである。まさか今来た道を今熊山のバス停
                   まで戻る訳に行かず、武蔵五日市駅まで出る事にした
                   武蔵五日市と八王子共に中央線で確か立川辺りで
                   乗り換えるのだが運が悪ければ五日市線は単線で
                   のんびり帰る事になるが運が良ければホリデイ快速で
                   無事に乗り換え地点のお茶の水まで行く事が出来る
                   僕が八王子の今熊山のふもとから
                   あきる野市に出たのは運命の神の悪戯か
                   広徳寺に呼ばれたのか分からないが
                   カメラマン冥利に尽きるし有難い事である
                  
                   
                  広徳寺は江戸時代中期の建造物と推測される茅葺の山門が
                  在り中々風情のある寺であるのと古木の銀杏もあり
                  見応えがある寺である


d0185744_1750446.jpg
  


 

                  対の大イチョウ

                  この大イチョウの黄葉を撮りに行くかと尋ねられたら
                  きっぱりと断るだろう。此処まで行くのが大変
                  バス便は1日二本だしね

d0185744_17553665.jpg

                                                   
                   
                  
 
d0185744_17561464.jpg
   

                  大イチョウの黄葉は見れなくても鬼気迫るイチョウの木を
                  見るだけで満足だ

                  広徳寺の裏庭に行くとタラヨウの古木が
                  枝葉を広げて立ちそびえていた


d0185744_1833138.jpg

                  

d0185744_1835493.jpg


                   キノコ

               広徳寺から道を隔ててこの木は立っていた


d0185744_1885428.jpg

                                    

d0185744_1891766.jpg
   

              カヤの樹の古木     



                 

                   
                   

                   
                   

                   
                   
                   


                   

     
                   
by yaguchitenga | 2016-09-25 05:23 | 写真 | Comments(8)

武蔵野紀行3

                   金剛滝への険しい山道を登って(下りも大変だった)
                   さっきまでの清涼感はなんだったのだろうと息をきらして
                   金剛滝の分岐に着いた
                   ちょっと息を整えて、さあ、戻ろうと思ったら
                   何故だか右から歩いて来たのか左だったのか忘れてしまい
                   確か発電所の前の道を通ったんだよなと思いながらも
                   山道の指示板を見た、右は何とか橋、左は何とかバス亭と
                   広徳寺と書いてあった。発電所前の道はかなり息切れして
                   辿り着いたので今度は違う道へ左に行く事にした
                   そこの何とかバス停(名前を忘れました)へ行って
                   八王子に戻れば良いと考えて、のんびりと単調な山道を
                   下って行った。下って行くとバス停には着かず
                   広徳寺に着いてしまった。疲れたので休憩がてらに入る
                   その寺については何も調べてなく
                   昔ながらの茅葺きの佇まいに魅了されてしまった
                   この寺を撮って八王子行きのバスに乗れば良いと
                   思ったのだが、それがとんだ間違いだった事を
                   後に知る事になるとは。その顛末は後ほどで
                   広徳寺の風景写真をどうぞ

d0185744_17104757.jpg


                   大イチョウと山門

d0185744_17122389.jpg


                   大イチョウと茅葺きの広徳寺

d0185744_17134879.jpg


                   かなり立派なお寺である

d0185744_1715183.jpg


                   広徳寺の庭には萩の花が咲いていた


d0185744_17175113.jpg



d0185744_17182225.jpg

                   
                 静か過ぎる広徳寺の境内で初見の花の秋海棠が
                 綺麗だった
                    

                  
                    
d0185744_17184913.jpg

by yaguchitenga | 2016-09-24 05:46 | 写真 | Comments(4)