武蔵野紀行2



目黒不動尊の本堂へ上る




d0185744_17305922.jpg




d0185744_17314712.jpg



冬の西日が朱を引き立たせてくれていた




d0185744_17340842.jpg




こんもりとした鎮守の森の中は何があるのだろう




d0185744_17373330.jpg



鎮守の森の中は光にあふれ
正面を見ると大日如来像が鎮座していた



d0185744_17402954.jpg


d0185744_17410991.jpg



この風景を見た時6年前に旅したインドのブッダガヤを思い出した



続く





第2回プラチナブロガーコンテスト


写真部門

Commented by j-garden-hirasato at 2018-01-09 06:29
冬の夕陽は、
オレンジが一層濃くなって、
燃えるような色合いになりますね。
Commented by risaya-827b at 2018-01-10 10:31
おはようございます^^
青空の下、朱が映えますねー♪
気持ちが良い^^
こんもりとした森を思わせる風景も、東京とは思えない^^
東京って意外と坂が多いので、ここの階段も仕方がないのかもね?
Commented by yaguchitenga at 2018-01-10 18:07
j-garden-hirasatoさん
冬の夕日が創り出した光と影が素敵でした
Commented by yaguchitenga at 2018-01-10 18:12
risayaさん
私鉄の目黒駅から坂道だらけでした
という事は江戸時代は谷の下に街があったんでしょうね
こんもりとした森の中には大日如来に西日が射し
金色に輝いて綺麗でした
Commented by 雪だるま at 2018-01-11 22:32 x
日差しが
日常の景色を幻想的にします
逆光で見事にその雰囲気を醸し出しています
素晴らしい一枚です
Commented by yaguchitenga at 2018-01-12 18:24
雪だるまさん
こんもりとした森の中に大日如来が座していて
西日のおかげで幻想的な風景を見せてくれました
この光景に感謝して何度も合掌しました
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yaguchitenga | 2018-01-09 05:28 | 写真 | Comments(6)

空の写真や風景などを撮影しています。撮影者の許可なく無断借用は一切禁じます。ご利用される方はご一報下さい


by yaguchitenga