木漏れ日の陣ヶ下渓谷6




1枚岩のナメ滝を過ぎると緩いカーブになり荒々しい岩壁が迫って来た





d0185744_17280032.jpg




d0185744_17290907.jpg




d0185744_17300357.jpg






d0185744_17312713.jpg






d0185744_17332053.jpg





d0185744_17345485.jpg





d0185744_17364179.jpg




続く


by yaguchitenga | 2018-06-13 05:19 | 写真 | Comments(2)
Commented by j-garden-hirasato at 2018-06-13 07:08
崖なのに、緑が豊か、
というのがオモシロいですね。
浸食が落ち着いている、
ということでしょうか。
Commented by yaguchitenga at 2018-06-14 08:40
by j-garden-hirasatoさん
崖から清水が湧き出してるんでしょうかね
そうなると地盤が潤むので崖崩れが起きやすいと思うのですが
どうなんでしょうね。地質学は、さっぱりです
鎌倉時代から存在していた渓谷ですが水量はあったはずです
現在はこんもりとした森を中心に住宅街があり
宅地開発などで水量が減ったんでしょうね
なので現在は岩壁の新色は落ち着いているんでしょう
でも川に張り付く岩盤は浸食が地づいているでしょうね
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 木漏れ日の陣ヶ下渓谷7 木漏れ日の陣ヶ下渓谷5 >>