空と森と黄金色の風景2





寺家町は小さい山に囲まれた谷戸である
谷戸とは谷間の窪地の事で湧き水に恵まれ農業用水として活用されている
中学の頃は湧水を飲みに行った事はないが
夏休みの小学生の低学年の頃、ガキ大将に連れられて湧き水を
飲みに行ったり戦争ごっこをしたりして遊んでいた
特に湧き水は冷たく美味しかった事を覚えている









d0185744_16143057.jpg










熊野神社の入り口から鳥居を入れて撮った水田











d0185744_16163869.jpg










そこから少し歩くとイネを干してあった
一般的に稲木干しと呼ばれている













d0185744_16203319.jpg














d0185744_16210965.jpg
















d0185744_16221279.jpg











熊野神社の近くに立っていた杉の古木
横浜市に名木に指定されている











d0185744_16254764.jpg











杉の古木から少し歩くと小さい稲荷神社があった











d0185744_16274989.jpg










d0185744_16282026.jpg








お稲荷さんと鳥居越しに撮った水田







続く



Commented by j-garden-hirasato at 2018-09-17 06:20
もう稲刈りのところがありますね。
長野でも、
田んぼが黄金色になってきました。
そろそろかな。
Commented by a-ki_la at 2018-09-17 06:31
寺家町、懐かしいです。5年ほど前に行ったことがあって
↓の石段は登るのを断念しました・笑
団地の中をくねくねと降りて行った先に、
まるで時間が止まったような里山の風景が現れましたっけ。
日なたは陽射しが強そうですね。
Commented by yaguchitenga at 2018-09-17 17:32
j-garden-hirasatoさん
稲刈りして干してあったのをみたら懐かしく感じました
やっぱり田舎の人間なんだと思ったりしながら撮りました
長野もいよいよ刈り入れ時ですかね
Commented by yaguchitenga at 2018-09-17 17:44
a-ki_laさん
行かれた事があったんですね。良い所でしょう
横浜に里山が存在しているのは知ってたんですが
行くチャンスが無くて、やっと行けました
団地から近いとは知らず終点まで乗ってしまい戻りました
終点からだと帰りのバス便が少ないんですよね
帰りは四季の家で涼んで帰りました。その時に団地からの便が多いのを知りました
神社の石段は暑いしどうしようかと思いましたが
我慢して登りました。でも我慢したおかげで樹林から田園を
眺める事が出来ました
Commented by sternenlied3 at 2018-09-17 18:35
白い鳥居なんて珍しいですね。
稲木干しの光景は風情があるもんですよね。
今年はそちらでも異常気象で天気が不安定だったようですが、
農家の収穫にも影響してるのでしょうね。
Commented by yaguchitenga at 2018-09-17 18:47
sternenlied3さん
白い鳥居珍しいですか?
よく見てるような気もします
稲木干しは久々に見たかな。懐かしかったですよ
こうして寺家の水田を見ると台風の影響もなく大丈夫そうで
関東より北海道・東北・九州辺りが収穫に影響してるかもしれません
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yaguchitenga | 2018-09-17 05:35 | 写真 | Comments(6)

空の写真や風景などを撮影しています。撮影者の許可なく無断借用は一切禁じます。ご利用される方はご一報下さい


by yaguchitenga