武蔵野紀行4








目的の寺は慈眼山萬福寺で大田観光協会のパンフレットには
慈眼山の表札しか映って無く、どんな寺なのだろうと
五感を刺激されて訪れたのだ
寺は建久年間に梶原景時により密教寺院として創建された
訪問してみると萬福寺は武蔵野台地の地の利を活かして小高い丘の上に建っていた








d0185744_18412063.jpg








茅葺きの山門










d0185744_18421879.jpg









昇りつめて撮った無量門と山門










d0185744_18435638.jpg










鐘楼門とスギの木










d0185744_18450972.jpg








鐘楼門の隣は摩尼倫道
摩尼倫道には飾りがあり見ると狛犬が睨みを効かせていた













d0185744_19043069.jpg









d0185744_19052127.jpg







そして龍も









d0185744_19064508.jpg






おしまい










Commented by j-garden-hirasato at 2018-10-04 06:23
東京で茅葺きとは、
珍しいですね。
龍や獅子の彫り物も立派です。
格式のあるお寺なんですね。
Commented by yaguchitenga at 2018-10-04 17:48
j-garden-hirasatoさん
建久の創建で源頼朝が将軍になっていた時代ですから
結構古いお寺のようです
彫り物が迫力があって立派でした
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yaguchitenga | 2018-10-04 05:49 | 写真 | Comments(2)

空の写真や風景などを撮影しています。撮影者の許可なく無断借用は一切禁じます。ご利用される方はご一報下さい


by yaguchitenga
カレンダー