2018年 04月 14日 ( 1 )

武蔵野紀行9




伝通院周辺の八重桜は見事なものだった




d0185744_18475148.jpg




d0185744_18494534.jpg



今年は花の開花が早いせいか、ツツジが咲き始めていた
終わりかけのソメイヨシノと紅枝垂れと始まりのツツジの競演を見たのは初めてだった





d0185744_18544474.jpg




d0185744_18553625.jpg





d0185744_18595447.jpg


紅い実がちらほら見えていたが、まだまだがんばっていたソメイヨシノの古木
歴史があるお寺だけに風格が漂っていた





d0185744_19032839.jpg




d0185744_19052479.jpg


この一角だけ囲いがしてあったので何だろう>と、思った
説明版があったので読んでみると千媛の墓だそうだ

豊臣秀頼と本田忠刻の性質で父は徳川秀忠で
大坂夏の陣では祖父の徳川家康の命により
落城する大阪城から救出された
その後、数奇の運命を辿り江戸にて70歳で死去し遺体は小石川伝通院に収められた




d0185744_19164983.jpg


中に這入れたので枝垂れ桜と千姫のお墓を撮った
戦国時代の女性たちは大変だったんだと思った





d0185744_19195288.jpg




続く


by yaguchitenga | 2018-04-14 05:41 | 写真 | Comments(8)