2018年 05月 08日 ( 1 )

武蔵野紀行8




森を進んで行くとハナミズキの花が咲いていた




d0185744_18004582.jpg





d0185744_18022227.jpg






d0185744_18034240.jpg




ハナミズキを撮った後、サルスベリが並んで立っているのを見つけた
花期は7月頃なので花は咲いて無く裸木だったが
大樹と云うよりも古木のような感じで存在感があった




d0185744_18112973.jpg





夏の到来を待っているかのような姿だった
サルスベリに近づいて触ってみるとごつごつしていて
まるで頑固おやじの肌のような感触だった




d0185744_18153584.jpg




サルスベリと名前が付いている通り、チョコンとした小さな顔がサルの様に見えた





d0185744_18193751.jpg





d0185744_18205577.jpg




馬面顔のサルスベリが「夏になったら綺麗な花を咲かすから、その頃に来てくれよ」と
ウインクしているようだった



続く


by yaguchitenga | 2018-05-08 05:55 | 写真 | Comments(8)