タグ:ガンジス河 ( 11 ) タグの人気記事

バラタマータ 母なる大地 バラナシ編23

バラナシを立つ日プージャゲストハウスを12時にチエックアウトして荷物だけを預け、列車は夜7時頃だったので近くにある映画館へ映画を見に行った。題名は「BARFI]ポスターを見た時はアクションかコメデイだと思っていたら恋愛映画で、それも泣ける映画だったとは。内容は聾唖者と健常者の精神的不倫だったのだけど彼の父親が脳梗塞で倒れ家が貧乏だったので金を工面する為金持ちの女の子(同じ聾唖者)を誘拐するのだけれど、うまくいかず、彼女を連れての逃避行の日々。その間に父親が死んだり、聾唖者同士の恋愛にいたり、結局金持ちの家に連れ帰り親に承諾を受けて結婚することになる。ラストは年老いた二人が仲よく亡くなってしまうストーリーなのだが、冒頭から言葉も解らないのに何故か泣けてしようがなかった。まさか、バラナシが今日で最後だからかとも思ったりした。でもこの映画は泣かせる映画だった事は確かだ。アクション満載なボリウッド映画にしては珍しかった。見終わってラストのガンガーをレストランの或る屋上から見ようと思った。街に落ちる太陽を見たいと思ったのだ。日本で見る秋雲のような空が広がっていて時間までゆっくり僕は日没を見ていた。そして時間が止まればいいとも考えていた
d0185744_1716229.jpg
d0185744_17164255.jpg
d0185744_1717276.jpg
d0185744_1718156.jpg

by yaguchitenga | 2012-12-25 17:22 | 写真 | Comments(8)

バラタマータ 母なる大地 バラナシ編21

前回と同様に時間別に空とガンジスをアップしました。モノとカラーを混合した雨季の終わりまじかの風景です
d0185744_9205952.jpg
6:18
d0185744_9191381.jpg
7:58
d0185744_9214193.jpg
14:43
d0185744_9242522.jpg
16:18
d0185744_9253636.jpg
17:34
by yaguchitenga | 2012-12-23 09:28 | 写真 | Comments(6)

バラタマータ 母なる大地 バラナシ編20

再び空とガンジスを見た。今回は日付けは関係なく朝から時間別にセレクトしてみました。モノクロにしたのは、その時間帯の天気が、いまいち悪かったからです。
d0185744_9414065.jpg
6:12
d0185744_942512.jpg
6:35
d0185744_9451528.jpg
8:17
d0185744_947072.jpg
10:38
d0185744_9474784.jpg
10:41
d0185744_9491327.jpg
16:23
d0185744_9513719.jpg
16:58
by yaguchitenga | 2012-12-22 09:54 | 写真 | Comments(10)

バラタマータ 母なる大地 バラナシ編11

霧の朝の続編です。日の出時間が大体6時頃、霧と雲に遮られてた太陽が姿を現しガンガーを覆っていた霧が少しずつ消え始めた
d0185744_9432917.jpg
d0185744_9442749.jpg
d0185744_9451839.jpg
d0185744_945521.jpg
d0185744_9462166.jpg

by yaguchitenga | 2012-12-10 09:49 | 写真 | Comments(4)

バラタマータ 母なる大地 バラナシ編10

再びガンガーに朝が来た。その日のガンガーは霧に覆われ真っ白になっていた。生と死のガンガーが神秘的に見えた。雨季の終わりを告げているのかも知れないと思った。そして自身がイメージする色を蒼に変えた
d0185744_13133574.jpg
d0185744_13142633.jpg
d0185744_1315598.jpg
d0185744_13185985.jpg
d0185744_13194080.jpg
ふと反対方向を見上げたら月がぽっかり浮かんでた
by yaguchitenga | 2012-12-09 13:21 | 写真 | Comments(12)

バラタマータ 母なる大地 バラナシ篇9

やがて空とガンガーは蒼に支配され夜が来た
d0185744_203637100.jpg
d0185744_20374644.jpg
d0185744_20382542.jpg
d0185744_20391884.jpg
d0185744_2042258.jpg

by yaguchitenga | 2012-12-07 20:40 | 写真 | Comments(10)

バラタマータ 母なる大地 バラナシ編8

その日の夕暮れゲストハウスの屋上から再び空とガンガーを見る。
d0185744_7363865.jpg
d0185744_7373088.jpg
d0185744_7391010.jpg
d0185744_7411341.jpg
d0185744_7415552.jpg
d0185744_742167.jpg
空に薄い茜色がガンジスを薄化粧した
by yaguchitenga | 2012-12-06 07:46 | 写真 | Comments(8)

バラタマータ 母なる大地 バラナシ編7

ガンガークルージングの3回目です。僕のや他のインド関係のブログを見てバラナシのガンガーで沐浴したいと考えている方へ、沐浴はやめといた方は良いと思います。100%の確立でインドの病院通いになります。沐浴するなら万全な自己管理と自己責任で
d0185744_883659.jpg
d0185744_892581.jpg
d0185744_810059.jpg
d0185744_8102834.jpg
d0185744_8105353.jpg
懐かしの久美子の家です。流行性肝炎の治療をしながら屋上から毎日雨季のガンガーを見てた。帰国した翌年毎日グラフに「インド、ベナレスの空」の題名で掲載された時は嬉しかったな。しかし久美子の家で検索すると、何故か悪口ばかりしか書いてないのです。せっかく泊まったんだし、いくら、クミコさん達がうるさく言ったとしても旅人の事を考えてくれてるんだから、そこまで言えないはずです。まあ、部屋は汚かったけどね。ただこの宿のおかげで食欲が出てこの世で一番嫌いだった茄子が食べられるようになった事と、オクラを初めて食べたこと。オクラのスープは最高でした。さて、ボートは初めての彼岸に上陸した。思ったよりは普通の光景。30年前にインドに行くきっかけは、この地で撮られた藤原新也の「人を食う犬」だった。アンダーな写真で、衝撃的だった。藤原さんは「全東洋街道」で知っていたけれどね。あれは僕にとって思い出の写真だ。インドの犬ってそんなに狂暴なのかと思ってたらほんとに恐ろしい。小さい頃、よく犬に追いかけられたけど、それ以上だ。前回は吠えられたりすることは無かったが、この旅では2回ぐらい吠えられたり追いかけられたりした。インド人にはおとなしいのが不思議でしょうがない
d0185744_841572.jpg
d0185744_8422851.jpg

by yaguchitenga | 2012-12-05 08:43 | 写真 | Comments(7)

バラタマータ 母なる大地 バラナシ編6

太陽が昇りガンガーのガートが活気ついてきた。各々がガンガーに祈りをささげる
d0185744_7271694.jpg
d0185744_7275954.jpg
d0185744_7291343.jpg
d0185744_73044.jpg
d0185744_7305612.jpg
d0185744_7321116.jpg
d0185744_7325643.jpg
d0185744_7334062.jpg
d0185744_7363460.jpg
d0185744_7372396.jpg
ガンガーは祈りの川でもあるが生活の一部でもある。一度目のインド、ガンジス上流の聖地 ハルドワールのゲストハウスでマネージャーが「ガンガーはトイレでありシャワーだ」と、僕に言ったのを思い出した
by yaguchitenga | 2012-12-04 07:43 | 写真 | Comments(10)

バラタマータ 母なる大地 バラナシ編4

次の日の朝早くガンガーの日の出を見ようと思ってプージャゲストハウスの屋上でスタンバイした。まだ太陽が昇らぬガンガーはブルーに染まっていたやがて空が白みはじめたが彼岸には分厚い雲が覆っていた。彼岸はヒンデイにとって不浄の地とされていて森が広がっているだけだ。誰も住むことがない場所でもある。川岸に広がる大地はなんだろう。乾季になると彼岸とつながるのだろうか
d0185744_9105320.jpg
d0185744_9112367.jpg
d0185744_9114521.jpg
d0185744_9121339.jpg
d0185744_9124638.jpg
やがて太陽が姿を現してガンガーが紅く
d0185744_9145216.jpg
染まりはじめた
d0185744_9151918.jpg
d0185744_915488.jpg
太陽はお父さん
by yaguchitenga | 2012-12-02 09:19 | 写真 | Comments(8)